Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

あえて「日本ガラパゴス化」歓迎論を提唱する

f:id:Money_Clip:20190131185224j:plain

アベノミクス成長の先行きが今1つ不透明なこともあって、「日本のガラパゴス化が原因」と、10年前に流行ったフレーズを持ちだし、改めて日本企業の国際行動を問う論調が増えてきた。
だが逆に言うと、ガラパゴス化はその国の強みや中核のコアを象徴する部分でもあることを忘れてはならない。国内だけの発展に終始しても構わないので、むしろ世界有数の巨大市場を背景に、日本はもっとガラパゴス化に徹すべきであるとあえて強調したい。

世界競争力ランキングで25位の日本

スイスの国際経営開発研究所(IMD)が昨年5月に発表した世界63ヵ国・地域を対象とする「世界競争力ランキング(2018年版)」によると、トップは米国、2位香港、3位シンガポール、4位オランダと続き、日本はなんと25位の評価である。1990年代前半まで長い間、首位の座にあった日本と比較すると、凋落ぶりには愕然たる思いが走る。

www.imd.org


評価項目は経済状況、政治の効率性、ビジネスの効率性、社会インフラの4分野で約300項目の統計数字やIMD独自の調査をベースに総合評価した結果という。
日本については、1980年代の高度成長時代の行き過ぎた“協調組合主義的構造”が、いま進行中のデジタル経済やイノベーションに対応できていないのが決定的な要因という評価づきである。

この結果がきっかけとなったかどうかは定かでないが、「技術的には先駆している日本だが、国際的に孤立してはナンセンス」といった“ガラパゴス化見直し”論議が、最近また出始めてきている。日本産業の国際競争力を再度じっくり検討しようとする意向らしい。

携帯電話の世界進出失敗例が露出する形のバッシング

振り返ってみると、世界が日本を痛罵する代名詞として“ガラパゴス化”というフレーズを使用するようになったのは、日本のバブル経済が弾け、坂を転げ落ちるように低落・失速が明確になった時期と一致する。南米のガラパゴス諸島に生息する生物(ゾウガメ、イグアナなど)が、その閉鎖された環境のもとで特異な進化を遂げたことになぞらえたものだ。

とくに典型的なケースとして引き合いに出されるのは、携帯電話の「ガラケー」(“ガラパゴス化携帯電話”の略称)である。世界に先がけて、せっかく高度な情報通信技術を開発・実用化しながら、それが“独自な進化”をしてしまった結果、世界市場への進出に失敗した実例として、それ以後いやというほど聞かされた。

世界に広めようとする積極的な戦略を欠いたためであり、「標準化を無視し、独自の仕様にこだわって世界から爪弾きされてしまった」と指摘、グローバルを見据えたプロダクトデザイン、総合的なソフトサービスなど、ビジネスモデルの再構築の必要性をウンヌンする論説が、海外だけでなく国内でも大流行りする現象が2010年にかけて出現した。

日本の“ガラパゴス化”は「強み」の源泉

携帯電話のグローバル展開は国際ビジネスの観点からみれば確かに後れを取ったが、これだけで日本の産業のすべてを同一視する傾向があるのも実は奇妙な話である。まるで鬼の首を取ったかのように、某マスメディアはテレビで「脱ガラパゴス化ニッポンの課題」というテーマで弁舌を振っていたのを今さらのように思い出す。

しかし、独自の発展を遂げたものを“ガラパゴス化”というのなら、日本国内でガラパゴス的進化を遂げたものは、文化的遺産を含めて実に多彩で豊富である。産業用ロボット、テレビゲーム、カラオケ、寿司、浮世絵、アニメに至るまで数え切れない。海外で評価されるに至ったグローバル商品の数も少なくない。なぜガラケー評価だけを突出させて叩くのだろうか。

世界に類例のない日本のモノづくり技術や土壌を“ガラパゴス”と例えるのなら、これらは言い換えると日本の“強み”に他ならない。グローバル展開の要素(マーケティング力、ソフトサービス体制など)に欠けていたため、日本発の携帯電話は世界に飛躍できなかったが、それでもポテンシャル(能力)は十分備えていたのだ。

国際的に認められなくて良いという日本人の納得の仕方

多くの世界的なヒット商品は、日本のガラパゴス土壌から誕生していたものが多い。絶え間ない技術の研鑽、営々と重ねられてきたモノづくり革新の果てに誕生した優れた製品は、このガラパゴス環境があっての結果だ。

それもコンパクトで故障が少なく、心憎いほどにきめ細かいところまで配慮した商品として評価が高かった日本製のほとんどは、基本的に国際的なデマンドではなく、日本のごく国内的で庶民の日常的なニーズに基づいて生まれた商品が多いのも特徴である。
中にはグローバル化が欠如している製品もあるが、肝心なのは日本人にとって使い勝手が良く納得できれば、国際的に認められなくても全く問題ないのである。

スイスの時計産業が勝利した理由

ガラパゴスで何が悪い、と開き直る余裕が日本企業には十分備わっているのは、わが国には世界有数の規模の受け入れ市場がデンと控えているからでもある。この市場でまず勝利を収めることが、オリジナリティ創出の証明となる。そこから先(海外進出)はまた別の話になるから、血眼になる必要はないのだ。

ここでスイスの「時計」産業を例に取りたい。
時計の電子化で先駆したのはセイコーをはじめとする日本企業だ。日本勢の猛攻を受け、スイスの高級時計づくりの企業群は一時窮地に陥ったものの、これまでの伝統を強調し更に深化させ、従来のブランド力を最大限に活かし工芸品としての“品格”まで昇華していった。

単純な電子化で“計測機器”の大量生産化をめざした日本企業に対して、高級セグメントに徹し、見事勝利を勝ち取った。今やスイスのブランド時計は、世界の独壇場となり追随を許さない。スイスの「ガラパゴス化」が成功を収めた典型的な例といえよう。

国内市場で急拡大中の軽自動車のケースは?

最近、浮上してきた日本の画期的な製品といえば、軽自動車が挙げられよう。1958年のスバル360以来、アルト、ワゴンRを経て、独自の進化を遂げてきたクルマである。マイクロカーのカテゴリーでは、まず文句なしに世界トップのクォリティを有し、性能、デザイン、多様性などトータルにみて誰もが認める“世界一”商品である。

日本国内で普及率50%強と目下急ピッチに拡大中だが、欧米は飛び付かない。その点では日本で特化し“ガラパゴス化”しているといえよう。
欧米で軽自動車が普及しない最大のネックは走行性能だ。日本の狭い幅員の道を走る分には安定しているが、時速100~140kmで走らなければならない欧州や米国のフリーウェイでは力不足である。

まずは日本で受け入れられるオリジナリティ創出に全力投球を

それに欧州の感覚では、日本での軽自動車は寸詰まりでマンガチックな印象が先行して抵抗感があるようだ。コンパクトカ―としての潜在能力は認めるものの世界で通用させるためには、まず排気量をどのように拡大していくかが焦点になると専門家は指摘する。だが、この軽自動車にしても“次世代車”開発とも絡み、勝負づけはまだ終わっていない。

この軽自動車も現時点では、日本のガラパゴス化の1つのケースに挙げられるだろう。ただ、日本という領域内とはいえ独自に発展・進化したのは、それ自体が差別化であり強みの源泉でもある。
幸い日本には300兆円に上る大規模な消費市場が存在する。この市場で受け入れられれば、成功といえるだろう。オリジナリティを創出する源泉は、日本でのガラパゴス化にあると信じ、日本が誇れる技術とノウハウの全てを注入し国内向けの開発に徹すればと十分であり、海外に通用するかどうかまで考えなくてよいだろう。

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20180209143106j:plain藤沢 佑吉
昭和45年に㈱野田経済研究所 編集部に入社、平成4年に経済誌『野田経済』 編集長、同8年に編集主幹、同12年に退任・退職。その後、執筆・講演活動に入る。なお、経済評論、ブログなどのペンネームは“宇佐美太郎”。『建設オピニオン』(建設公論社)、『サイクルプレスジャパン』(インタープレス)にて連載執筆経験がある。