Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

投資のリスクは「目的」や「出口」を設定することで減らせる!

f:id:Money_Clip:20181217173956j:plain

近年、寿命延長による「人生100年時代」の到来や年金受給額減額と受け取り年齢引き上げの可能性、という話題をよく耳にします。また、教育格差・貧富の差の拡大・税率アップでの家計圧迫など、私たちの生活で無視できないような資金問題も浮上していますよね。

以前は、年金だけでも悠々自適の老後を送ることもできていましたが、私たちは自分の老後資金は自分で用意しなければならない時代がもうそこまで迫ってきています。
政府がNISAiDeCoなどのつみたて投資を推薦しているのも、国が国民の金銭的なフォローをすべてできる状況ではなくなりますよというサインです。

www.jsda.or.jp
www.ideco-koushiki.jp

そこで資産形成の手段として「投資」を勧めているのですが、投資で失敗してしまう人の共通点があります。それは、「投資で節税できると言われた」「周りがしているから大丈夫だと思って始めた」など、何となく知識なしに始めてしまった人です。 
赤字が出たり損をしてしまったりすると、投資は危険!騙された!と感じてもう2度と投資をしなくなってしまいます。投資のリスクは確かに0ではありませんが、貯蓄よりも効率的に資産を増やすことのできる頼もしいツールです。

投資で失敗するリスクを減らすには、まず「目的」「出口」を設定することが重要です。

なぜ・何のために投資をするのか目的を明確にする

投資を始める前に、考えていただきたい大切なこととして「目的」があります。
目的なく投資を始めてしまうと、継続できなかった、ギャンブルになってしまったなどよく聞く話です。

投資をするのであれば、何のためにお金が必要なのか、いつまでにいくらを目標にするのかなど、自分のライフスタイルや人生設計・家計と照らし合わせて検討することが必要になります。

投資をする目的

あなたは何のために資産運用を行おうと思いましたか?
老後資金・学費・住宅購入・車の購入など、それぞれ目的は違いますよね。
老後資金などは数十年かけて準備すれば良いものなので、大きな利益はないけれど安定性があってリスクの少ない金融商品を長期間かけて運用することができます。

また、旅行の費用など趣味に当てる資金であればある程度大きいリターンを狙って、利回りの高い投資先で運用してもいいかもしれません。
目的があることで、投資の必要性も明確になり、モチベーションに繋がります。

この時に一緒に考えていただきたいのは、いくら投資資金に充てられるかということです。
積み立てでも一括入金でも、自分に無理のある金額を投資してしまうと家計が回らなくなり、投資を続けることができなくなります。

投資するならある程度まとまった金額が必要だろうと思われるかもしれませんが、投資商品には月々100円から積み立てできるものもあります。100円でしたら、ハードルは高くないですし、家計に影響する金額でもありません。
不安でしたら、少額から徐々に投資金額を上げていって、自分がどのくらい投資資金に回せるのか観察してもいいですね。

リスクはどのくらい許容できる?

先に少しあげましたが、投資するときにリスク・リターンはどの程度許容できるでしょうか。
大きいリターンを求める投資は、その分リスクもあるということです。
絶対に元本を減らしたくない!という人は、ハイリターン・ハイリスク投資はあまり向いていないと言えます。

リスク・リターンの許容度は人それぞれ。分からないのであれば、リスクの低いものから試してみて少しずつ自分にあったものを探すのも一つの方法です。
投資の目的・リスクの許容度がある程度把握できれば、その投資先はぐっと絞られます。
他の人がやっているからという理由で投資先を選ぶのは絶対にやめましょう。

出口を見据える

投資においての「出口」とは売却するという意味があります。
株・不動産・債券などで利益を出しているプロは、必ず購入する段階でその商品を売却する時(出口)のことまで視野に入れています。
なぜ購入前から売ることを考えるの?と疑問に思うかもしれません。その理由をこの項目で説明していきます。

ネットで検索すると、“不動産投資では出口戦略を見据えて!”という情報がかなり多いですが、投資信託や株についての出口戦略はあまり見かけません。
しかし、株や投資信託も不動産投資の出口戦略に当てはめて考えると、その重要性が見えてきます。

何年後までに必要な資産形成なのか

先ほど投資の目的を明確にしていただきましたが、次に投資の「期間」について考えてみましょう。
老後資金・マイホーム資金・学費など目的によって資金が必要になる時期は違いますよね。
いつ必要になるのか分かれば、そこから逆算して月々いくら積み立てなければならないのか・利回りがどのくらいあったら目標に到達できそうか、より明確にすることができます。

損切りを含めた「出口戦略」を持つ


期間を出口とするのも良いですが、利益や損失を出口とする方法もあります。
例えば、株式投資では値動きが大きいため一気に利益が出ることもあれば逆にあっという間に値下がりすることも。
あらかじめ損切りする基準(ルール)と決めておくことで、大きな損失を防ぐことができます。

インカムゲイン/キャピタルゲイン2つの利益

投資にも不動産・株・金・FXなど様々な種類がありますが、それらが生み出す利益はインカムゲインとキャピタルゲインの2種類あります。

インカムゲイン

配当や優待・月々の賃料など定期的に得られる利益

キャピタルゲイン

不動産の売却・株売却などで得られる売却益

配当・優待狙いの投資なら、企業が長期的に黒字になりそうかをみて長期保有。
売却益狙いなら、今後不動産や土地の価値が上がりそうな地域はどこか・成長率が高そうな企業はどこか見極め、上がったタイミングで売り払うことを出口とします。
どちらを狙った投資なのかによってもその方法や期間が変わりますよね。もちろん、インカムゲインをベースにおいて値上がりしたタイミングで売り抜く方法もいいでしょう。

ただし共通することは、投資した金額よりも利益がプラスになるのはどのタイミングなのか、あらかじめ把握しておく必要があるということです。
購入と同時に出口を見据えることで、リスクを抑えることが可能になります。

売るタイミング/流動性の高さ

前の項目で「タイミング」について話しましたが、売りたい!と思ったときにその商品が売れやすいかどうか(現金化しやすいか)という問題もあります。
不動産など大きい金額の商品はお金の流動性が低い商品であり、株や債券のほうが比較的売りやすい傾向にあります。もし、急に資金が必要になったから不動産を売却したいと思っても、なかなか売れなかったら困りますよね。

これから投資する資金が急に必要になることはないのか、もし必要になりそうであるなら流動性の高い投資商品を選択することで売れないリスクを抑えることが可能です。
もちろん、市場の状況によって株や債券も売れにくい・売れやすいという変化はありますので、売買タイミングをチェックすることも必要ですね。

いかがでしたか?
投資はリスクが0ではありませんが、資産を作る上では欠かすことのできない存在です。
世の中には多くの金融商品や投資先があります。
どの投資方法がライフスタイルに合っているのか、自分にしか分かりません。
何となく投資を始めるのではなく、目的・出口を設定してより効率的で自分にあった投資方法を見つけてみてくださいね。

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20181016175609j:plainしまづ@看護師ライター
現役看護師でありながらFP資格も保有。看護師として働く中でお金の知識がないと、時に自分や大切な家族の生活を脅かしてしまうことを知る。金融、医療の記事執筆を中心に活動し、確かで役に立つ情報をお届けすることをモットーとしている。