Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

貯蓄がうまくいかない原因は?メンタルアカウンティングについて

f:id:Money_Clip:20181023152542j:plain

あなたは、貯蓄できていますか?
来月こそはちゃんと貯蓄して将来に備えよう!と思っていても気づけば月末に使い切ってしまっているなんてことも・・・。
それ、もしかしたらあなたのやる気・根性・意志が弱いからでは無いかもしれません。
人には「心の癖」によって無意識のうちに操られています。

これから、

  • 人は合理的にお金を使っているかのように見えて、実はかなり心の影響を受けている
  • そのせいで経済的な合理的判断ができず貯蓄がうまくいかないことがある
  • 人間の心の癖をどう利用すれば効率的に貯蓄できるのか

についてお話します。

メンタルアカウンティングについて知ることで、いつの間にかお金を使ってしまうことが減り、貯蓄できる体質を身につけることができますよ。

メンタルアカウンティングとは

f:id:Money_Clip:20181023152752j:plain

まずは、メンタルアカウンティングについて解説していきます。

リチャード・H・セイラー氏が提唱

メンタルアカウンティングは、アメリカの経済学者であるリチャード・H・セイラー氏が提唱したもの。
彼はこの理論で2017年にノーベル経済学賞を受賞しています。その時の賞金は900万クローナ(約1億2500万円)になるそうです。

すごいですね!さて、一体どんな内容なのかと言いますと、昔の経済学は「人は合理的に判断し行動する」という前提がありました。
しかしそれに対してセイラーは、「人は目の前の利益につられ行動するためそんなに合理的に行動はしていない」と考えました。そして人間の心理・行動を観察し、人々が非合理的な行動をとっていることを証明したのです。

メディカルアカウンティングの例

具体的に例を挙げてみましょう。

質問①

あなたが映画を見に行こうと考え、すでに1800円の映画券を買ったとします。
映画館に着いてみると、買ったはずのチケットがありません。
あなたは、また1800円払って券を買いますか?

これはセイラー氏が実際に行った実験の内容を少し変えていますが、ほぼ同じです。
実際の実験で、「また購入する」と答えた人は約46%でした。

質問②

あなたは現金1800円持って映画館に行きました。
着いてみると用意していた1800円がありません。
幸い予備の1800円は手元にあります。
あなたは、その1800円で映画券を買いますか?

実際の実験では、なんと約88%もの人が「購入する」と答えたのです。


質問①・質問②共に失った費用は1800円と変わらないのになぜこのような違いが出たのでしょうか。それは、質問①はすでに券を購入しており「映画を見るためのお金」として認識しています。
そのため、再度購入すると映画を見るために3600円の費用がかかると感じられ、購入する割合が少なくなります。

質問②では、1800円の「現金」を無くしているため、映画を見るためのお金とは認識していません。ですので、再度1800円の券を購入しても苦ではないのです。
面白いですよね。これは、「心の会計」とも言われています。
人は同じお金であっても使う目的や入手方法によって無意識のうちに自分の中で分類し、扱い方を分ける傾向があるようです。

投資・ギャンブルで得たお金の使い方

f:id:Money_Clip:20181023153046j:plain

ギャンブルでの臨時収入

あなたは、普段宝くじは買いますか?
年末や夏に長い行列を作っているニュースをよく見かけます。1等が当たった日には万々歳!仕事もやめて、好きなもの買って、旅行にも行って・・・。
思いがけず簡単に手に入ったお金は、必要ないものに浪費しあっという間に無くなる傾向が強いことも分かっています。

これはギャンブルだけではありません。

投資での臨時収入

資産を増やそうと投資をして利益が出たとします。
利益がでた分も投資に回せば、複利の効果でかなりのスピードで資産が増えるのです。
しかし、多くの人は出た利益は「棚ぼた収入」としてギャンブルと同じように浪費してしまうようです。

宝くじや投資など大きなものでなくても、お店の10ドル(現レートで約1125円)割引券をもらうのと、それをもらわなかったお客さんよりも出費が2ドル(現レートで約225円)も増えた、という実験結果があります。割引券という臨時収入がかえって出費を増やしたのですね。

これ、見方を変えてみると税金にも当てはまります。
普段給料から税金引かれていますよね。そして年末調整・確定申告を経て払いすぎていた分を還付される。なぜか、後からもらうとお得感な臨時収入として捉えてしまいませんか?
自分の行動を振り返ると、そのタイミングで散財していたという人もいると思います。

日々、汗水垂らして働いた時のお給料は、大切に使うし節約するという人も、臨時収入が入るとお給料とは別の分類のお金として捉え、浪費してしまいます。

メンタルアカウンティングを意識した貯蓄方法とは

f:id:Money_Clip:20181023153101j:plain

心の「癖」で、私たちはお金を使っていることがよくわかります。しかも、普段の何気ないシチュエーションで無意識に行動しているので怖いですよね。
散財から給料を守り貯蓄するためには、一体どうすればいいのか具体的な案をご紹介していきます。

家計と心の矛盾を見直す

あなたは、1ヶ月の家計で何にいくらお金を使っているか知っていますか?
家賃・光熱費・通信費などは確実に把握している方も多いでしょう。毎月の必要経費を除いた分をお小遣いとして自由に使っていると思います。

「お小遣い少ないんだよな・・・。」
そう思っている方に振り返っていただきたい出費の項目があります。
それは、コンビニでのちょっとした出費です。

私の知り合いに、1日の仕事中に2~3本はペットボトルを買っているという人がいます。しかも、気軽に買えるからとコンビニで購入しています。
1本がだいたい120円ですよね。1日2本を22日間購入すると5,280円。1年間で見るとなんと63,360円もペットボトルに浪費しています。
ドラックストアやスーパーでは70〜90円くらいで売っていますし、ネットでまとめて購入すれば1本60円代で購入できます。コンビニの2分の1のお値段で買えるのです。

ですが、コンビニはそもそも高いと思っているので、この金額の差を不思議に思いません。普段の買い物で食料品を選ぶとき、割引されているものや安いものを選ぼうとするのに!
しかも、10円・20円でも少なくするために必死に探します。かなり矛盾していますね。
無駄な出費を減らすためには、「本当に欲しくて今ここで購入する必要があるか」考えてみてください。

貯蓄口座と生活費の口座を分ける

口座はいくつ持っているでしょうか。
私の周りを見ると、「口座は1つで十分!たくさんあると訳がわからなくなる。」という人が多い印象です(特に男性)。確かに1つだけ通帳を見ればOKだと面倒くさく無いと思いますが、まだお持ちでない方は是非「貯蓄用」の口座を用意して欲しいです。

給料日にあらかじめ生活で使うお金と貯蓄用のお金を口座ごと分けてしまうことで、無意識のうちに使ってはいけないお金だと分類することができます。

style.nikkei.com

給料天引きする

口座を分けるにもつながりますが、自分でいちいち移すのが面倒・つい使ってしまう人は給料天引きが非常にオススメです。指定した口座に有無を言わさずお金を移してくれます。
特に、貯めたらすぐに降ろしてしまう人は定期預金にして手続きをしないと下ろせないようにしてしまいましょう。

allabout.co.jp

現金を持たないようにする

私もですが、お財布に多くのお金が入っていると、どんどん使ってしまうんですよね。
「財布にあるお金=使えるお金」と認識してします。
最低限の金額のみ財布に入れることで、あらかじめ非合理的にお金を使ってしまう状況を制限してしまいましょう。

特別編:資産管理を見直す

住宅ローンや車のローン・奨学金など返済が必要な人もいるかと思います。返済をしながら、貯蓄もとなると家計的にも結構な負担です。
たまに、家を建てるために500万円くらい貯蓄があるけど車のローンが100万あるというケースを聞きます。しかも、車のローンは金利2%くらいがかかっています。

冷静に考えると、金利を払うよりも500万円から1括で払う方が断然おトクです。
しかし、「人は支出と貯金を別枠で考えている」ため貯蓄をローンの返済に回さないのだとセイラー氏は説明しています。

家の購入資金だからという無意識が非合理的な判断をしてしまっているのです。
もし、あなたが高い金利を支払い、ローンを組んでいるとしたら貯蓄を増やすことよりもローンの返済を優先させるべきかもしれません。今一度、冷静な判断ができているか振り返ってみましょう。

いかがでしたか?
メンタルアカウンティングを知るだけで、貯蓄や普段の買い物にも役立てることができます。是非これを機会に自分にあった貯蓄方法を実践してみてくださいね。

gigazine.net

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20181016175609j:plainしまづ@看護師ライター
現役看護師でありながらFP資格も保有。看護師として働く中でお金の知識がないと、時に自分や大切な家族の生活を脅かしてしまうことを知る。金融、医療の記事執筆を中心に活動し、確かで役に立つ情報をお届けすることをモットーとしている。