Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

初心者投資家必見!知らないと損する「投資メンタル」とは?

f:id:Money_Clip:20181016175519j:plain

投資を始める理由は人それぞれ。
「個人投資家として生計を立てていきたい。」
「副業として収入源にしたい。」
様々な思いがあってのスタートですよね。

投資といっても株やFX・不動産・国債・仮想通貨など種類はたくさんありますが、ここで紹介していくのは「投資」全般に共通して必要なメンタルについてです。
投資で利益を出し、活躍している投資家が口を揃えて言うことがあります。それは、「投資はメンタルが勝利の鍵」だということ。

「常に心身を鍛錬しなさい。決して心身の手入れを怠らず時間をかければ、自らの心を強化することができる。」
これは世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェット氏の言葉です。

投資のノウハウやテクニックはもちろん大事ですが、それぞれが持つ投資メンタルは最終的に大きな差を生み出します。これから投資を始めようと考えている方、始めたばかりの方が知らないと損する「投資のメンタル」についてお話ししていきます。

投資を始めたばかりの時やこれから一歩踏み出そうとする時に不安になり、躊躇してしまうことは誰しも経験すること。決して恥ずかしいことではありません。
この記事を読んでいただくことで、漠然とした不安を軽減することができ投資のメンタルを強化できるようにお伝えしていきたいと思います。

周囲の反対をさらりとかわせる

日本では、投資と聞くと「危ない」「騙される」「ギャンブル」など、ネガティブなイメージを持っている人はまだまだたくさんいます。それは、日本の義務教育の中で金融やお金・投資についての教える機会がないということが理由に挙げられます。

海外では、小学校の段階からお金や投資に対する知識や考え方をしっかり教えてもらえるため、当たり前のように労働収入の他に投資による収入を得ています。
投資に対する知識が漠然としたものしかない人にとっては、投資は未知のものであり恐怖でしかありません。

始めようと思っているけど相談する人がいなくて不安な方、新しいことを始めようとする時は誰しも不安ですよね。周りに投資経験がある人がいないという状況でしたらなおさらです。私も、知り合いに誰も投資経験がなく相談もできなくて本当に不安でした。

そんな時は、
  • 本を読んで投資をしている人の考え方やメンタルを知る
  • SNSやネットで気になる投資家さんの情報を集め、実際に会いに行く
  • 投資家のオフ会に参加して、生の声を聴く
などがオススメです。


やはり実際に投資している人に話を聞いたり相談すると、自分が思っていることがさらっと解決することが多かったです。ちなみに、自分よりも少し先を行っている人を観察(真似)してみてください。

すでに投資で1億円くらい稼いでいる人に相談してみるのも良いかもしれませんが、あまりにも自分とかけ離れすぎていて未知の世界だったりします。ですので、自分が目標を掲げている金額を稼いでいる人など自分よりも少し先に進んでいる人に聞くことで、ストンと腑に落ちるアドバイスやこれから行動可能なアドバイスをくれます。

また、身近な人に反対されると「えっどうしよう。」「やっぱりやめた方がいいのかな。」など、始めようと思っていた決心さえ揺らいできますよね。私も実際そうでした。

私の両親は一度も投資をしたことの無い“貯金絶対主義者”でしたから、先に挙げた「騙される」「ギャンブルだ」などありとあらゆる反対意見を言われました。
初めはひるみましたが、ふと思ったのです。投資に関して全く知識の無い両親が言っていることは本当にあっているのだろうか?そう思って今まで以上に投資で収入を得ている方に話を聞きに行ったり、本で情報を必死で集めたりしました。

そして、自分の中で両親が言っていることは両親の価値観でしか無いということに気づくことができました。そう確信を持てたときに、身近な存在の人の反対を押し切って自信をもって投資をスタートしたのです。

何か新しいことを始めようとすると、100%やめた方がいいよと“あなたを思って”アドバイスをしてくれる人がいます。しかし、それをサラリとかわして前に進むメンタルが必要なのです。

目の前の変化に一喜一憂せず、長期的視点を持つ

広告や宣伝文句で「負けなし」「勝ち続ける」という言葉、よく見かけますよね。
その言葉を鵜呑みにするのは危険だと思っています。なぜなら、どんなにベテランの投資家でも常に勝ち続けることはまず無いからです。

投資をしていると、必ず利益に変動はあります。さっきまでプラスだったのに今見たら思いっきりマイナス!なんてことざらです。そうやって、目の前の上がり下がりを気にして一喜一憂している間は確実に投資に振り回されてしまいます。

人はマイナスになる時に過剰に反応してしまうことがわかっています。
今では有名となった、ダニエルカーネマンが提唱している「プロスペクト理論」で証明されています。

プロスペクト理論

①コインを投げれば表裏どちらでも5千円もられる
②コインを投げて表が出れば1万円もらえるが、裏が出ると何ももらえない

このような挑戦があったらあなたはどちらを選択しますか?
おそらくほとんどの人は①を選択するはずです。
もらえないかもしれないというリスクを取りたくないからです。

このコインの挑戦では、マイナスにならない方を選択できますが、実際投資では時間単位で価格が変動します。
マイナスを気にしてばかりいると冷静に対処できず、本来の目的を見失いがちです。
投資ではお金が関わりますので、先にもあげたように人はマイナスになることを恐れます。そのため常に変動している株価を短期で見ていると、価格がみるみる下がっていると早く損切りしてしまおうと衝動的に行動してしまうのです。

その結果、その後の価格上昇を逃してしまい安売りしてしまったということもよくあることです。

またプロスペクト理論の中で紹介されているのですが、人は損をすると取り返したくなるという心理が働きます。マイナスで結果が出てしまった時に、この損失を取り返そうとして大きく利益を求め本来するはずではなかったリスクの大きい「ギャンブル的な」取引をしてしまいます。金銭感覚が麻痺してしまい、冷静に判断できなくなってしまうのです。

投資全体に共通して言えることは、「長期的」にみて利益を出していくことが大事だということです。長期的な視点に変えることで、今は変動があるけれどもトータル的に見て上昇傾向であるのかなど広い視野で見ることができます。

また、リーマンショックやブラックマンデーなどの大暴落が起こっても長期的に投資を見ることができれば、短期的にはピンチでも長期的にはチャンスであったりするのです。
株式で例を挙げると、今までの金融の歴史では株価の暴落・上昇が繰り返し起きています。株式市場は「群衆の心理」で上下を繰り返すもの。株価がどんどん下がり始めると、これでは損をするとパニックになり一気に保有している株を売り払おうとします。

この株価が暴落しているという短期の視点で見れば、購入した価格よりも株価が落ちてしまうので損切りのために「やばい!急いで売らなければ!」という心理状態になりがち。

ここで思い返して欲しいのが、株価は上下を繰り返しているということです。
過去を振り返っても、大きな暴落後に時間を要することもありますが景気は回復しています。長期的に見ることができれば、この暴落のタイミングでかなり格安に株を買うことで最終的に大きく利益を出すことができると判断することができるのです。

長期的な投資の視点を持っている人は、目の前の価格の上下に翻弄されることなく気持ち的にも余裕を持った投資を行うことができます。そうすると、自分のメンタルも不安定になることが少なくなり、冷静に客観的に判断することができるようになります。

自分を知り、投資における自分の軸を決めて守る

多くの人は、投資についての知識やノウハウなどについて知ろうとし、努力しますよね。もちろんそれは非常に重要なのですが、肝心なことを忘れがちです。
それは、自分がどのような生活・性格・行動を取っているのか、「自分を知る」ということです。人は往々にして自分のことは分からないものです。

ですから意識をして“知っていく”必要があります。

あらゆる投資の中から選択する時に、どのように選択しますか?

  • 巷で流行っているから
  • 簡単に儲かりそうだから
  • これで成功した人が身近にいるから

このような理由で選ぶ方法もあるかもしれません。しかし、初心者の方は自分にあった投資方法を見つけようと考える人があまりいません。
フルで働いているのかそうでないのか、リスクがあったとしても気持ちに余裕が残る範囲はどのくらいか、冷静でいられない時はどのような状況なのかなど観察してみてください。そうすることで投資の種類や利回り・損切りの基準が分かってきます。

いくら専門家が10%の利回りが必要だ!などと言っても、それを許容できる範囲は人によって違います。初めは無理をして自分の許容範囲を超える投資をしても、不安やプレッシャーが重くのしかかってきます。
自分はこの範囲内で投資をするという軸を見つける必要があるのです。

株式やFX・仮想通貨などでよく言われるのは、トレードをしていると我を忘れてしまっている時があるということです。
自分の行動パターンを把握して観察することで、どのような時に自分を見失いがちなのかが分かってきます。そうすると、対応策を考えることができるので、どのような状況になっても自分が立てた投資計画を機械的に淡々とこなしていけるようになるのです。

投資計画を立てると、最悪の状況も明確になるので必要以上に”恐怖”を感じるひつようがなくなります。
投資に重要なメンタルは、根性や気合いではなく「どんな状況でも冷静に淡々と対応出来る」こと。そしてそれを後押しする投資計画が絶対的に必要なのです。

今回は初心者投資家のための最強メンタルについてお話ししました。
今後の投資生活にお役立て頂けたら幸いです。

 

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20181016175609j:plainしまづ@看護師ライター
現役看護師でありながらFP資格も保有。看護師として働く中でお金の知識がないと、時に自分や大切な家族の生活を脅かしてしまうことを知る。金融、医療の記事執筆を中心に活動し、確かで役に立つ情報をお届けすることをモットーとしている。