Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

初心者でも大丈夫!NISAではじめる簡単投資術

f:id:Money_Clip:20181003125848j:plain

「貯金していても利息が少なくて全然殖えないし、賢く貯める良い方法はないの?」と感じている人は少なくないでしょう。
バブル崩壊以降、長く続く低金利政策で、ただ銀行へ預けていてもお金は殖えていかないという状況です。せっかくなら、税金の優遇制度がある少額投資非課税制度(NISA)を活用して、簡単に少しでもお金に働いてもらうことを考えてみませんか?

少額投資非課税制度(NISA)ってなに??

NISA

年間120万円まで(2015年は100万円まで)の新規投資に対して、購入年から5年目の年末まで(例えば2014年に購入した商品は2018年末まで)、運用益や分配金・配当金に対して、本来課税される税金(税率20.315%)が非課税となる制度です。
制度の対象は投資信託または上場株式・ETF・REIT等です。NISAを開設した年以降、2023年まで、毎年120万円の非課税枠で資産運用することができます。

非課税となる投資期間が5年と限られていて、それ以上同じ商品を保有し続けたい場合には非課税期間満了の翌年のNISA枠を消化することでロールオーバーすることができます。ロールオーバーというのは、現に利用している非課税枠から新しい非課税枠へ勘定を移動させることをいい、ロールオーバーを利用すると非課税期間を最大10年とすることができるのです。購入の仕方は一括購入でも積立購入、または少額ずつ複数目柄に振り分けることができ、非課税になる要件も比較的自由で使い勝手の良いものです。

www.fsa.go.jp

つみたてNISA

つみたてNISAは2018年にスタートした積立投資専用の非課税制度です。
基本的にはNISAと同じで利益に対する税金をかけない制度なのですが、購入方法は「自動積立」に限定されていて、非課税枠も年間40万円とより少額になっています。そのかわり非課税期間が20年と長期に渡りますので、利益確定のタイミングを急ぐことなく長期的な資産形成に役立てることができる制度設計となっています。

また対象商品も、金融庁の審査を通過した手数料率が低く、初心者でも理解しやすい商品内容となっている投資信託に限定されているため、金融機関の手数料ありきでの販売やあまりにも高リスクな商品への誘導が防げるようになっています。

www.fsa.go.jp

NISAってどこで申し込むの?

NISAを利用するにはまず証券口座もしくは投資信託口座が必要です。証券口座というのは証券会社で開設する口座のこと。投資信託口座というのは証券会社以外で投資信託の販売をしている金融機関(主に銀行)が扱う口座のことです。
その証券口座や投資信託口座に紐付ける形でNISA口座が開設できます。ただし、NISA口座が開設できるのは、1金融機関1支店のみとなっていますので、どの金融機関でNISAを利用したいか、よく考えてから開設をする必要があります。

積立投資をする予定なら、給与振込口座のある銀行にしたほうが、毎月の積立金を移動させる手間が省けるので便利かと思います。途中でNISAを利用する金融機関を変更することも可能ですが、1月1日〜12月31日で非課税枠管理がなされている関係で、その年のNISA枠を既に一部でも利用してしまっている場合は、翌年以降にしか金融機関変更ができません。
翌年の金融機関変更を予約できるのは、その年の10月以降になります(例えば2018年は『NISA』→2019年は『つみたてNISA』というような変更したい場合は、2018年10月から勘定変更手続きが可能)。
NISA口座を作るためには、取引をしたい証券会社や銀行を決め、そこで口座を開設する必要があるのです。NISA口座開設時にはマイナンバーの届出も必要なので、用意してから手続きしましょう。

NISAとつみたてNISA、どっちがいい?

NISAの場合は上場株式または投資信託が対象で、つみたてNISAの場合は金融庁の審査を通過した投資信託が対象です。
購入時に、解約時の手数料がないか、低水準か、運用期間中の手数料である信託報酬の水準が低いものを中心に選定されています。商品も、日経平均等の指数に連動するインデックスタイプや、初心者向けのバランスファンドなどが中心になっていますので、国内で購入可能な膨大な数の投資信託の中から選択するよりもはるかに選びやすい制度になっています。

NISAとつみたてNISAは同年中の併用が不可ですので、予めどちらを利用するか選択しないといけないのですが、なるべく少額ではじめたいなら、NISAよりもつみたてNISAを使うことをオススメします。
選択する商品や金融機関によって最低額は異なりますが、1,000円から、あるいは10,000円から等、少額から投資を始められるからです。ネット証券なんかは1,000円から購入可能というところも多いです。
また、購入方法も積立に限定されていますので、購入時期を偏らせず時間分散することも可能になります。

商品選びの方法は?

まずは分かりやすいインデックスタイプ(指数連動型)の商品を選んでみてはどうでしょうか?なぜかというと、手数料水準が低いからです。インデックスタイプの投資信託の場合、何らかの指数に連動するように作り込まれていますので、極端にいうとその指数に組み込まれている銘柄を商品の中に入れていけば良いだけ。つまり、運営側の管理が楽、だから手数料が低いのです。

ただ、特定の資産に偏ることにはなりますので(例えば、日経平均株価のインデックス投信なら投資先が日本株のみになります)、それに抵抗があるようであれば、バランスファンドを選択するのも手です。ただし、インデックスタイプと比較して、バランスファンドの場合は手数料(特に信託報酬)がやや高めです。どこにどういう割合で分散するのかを決める手間もかかりますし、複数の市場に資金を振り向けるため、コストが掛かるからです。

私もつみたてNISAを利用していますが、日本株よりも過去の実績がある海外株のインデックス投信を購入しています。日本株のみのインデックスタイプよりやや手数料が高め(バランスファンドよりは低め)ですが、それ以上に、少子高齢化で生産性の減少が予想される日本よりも海外の方が今後の成長性が期待できると思っているからです。

ご自身の相場観や、「ここに投資したい」という気持ちも大切ですから、個別の商品を比較し始める前に、ある程度方向性を決めておきましょう。

ドルコスト平均法

積立投資は特定の時期にまとめて購入するよりも時間分散によるリスク低減効果があります。
それに加え、値動きのある商品を『同じ拠出額』で購入し続けていくことにより、平均購入単価を低く抑えられる効果もあるのです。この投資手法を『ドルコスト平均法』といいますが、様々なところに応用できる手法なので、覚えておきましょう。

【例】
Aスーパーで、りんごの価格が1個100円で、Bスーパーでは1個50円で売っていました。
AスーパーでもBスーパーでも1個ずつ買った場合は、2個のりんごを150円で買ったことになり、1個あたりの拠出額は75円になります。

一方で、AスーパーでもBスーパーでも100円分ずつりんごを買った場合、拠出額は200円ですが、3個のりんごが手に入っているので、りんご1個あたりの拠出額は約67円となります。

このように、個数や口数を指定して購入するのではなく、金額を指定して購入すると、高いときには少ない個数しか買えず、安い時にたくさんの個数を買うことができ、結果的に購入単価が下がる効果があるのです。
特売のときにまとめ買いしているようなものです。

この投資手法を、ドルコスト平均法といい、『毎月●万円ずつ投資する』というような積立投資には自然とこの投資手法が使われていることになります。この効果もあり、積立て投資は一括投資よりも損しにくい投資手法だと言われています。

allabout.co.jp

少額投資なら、つみたてNISAで長くコツコツが最適!

超低金利時代が長らく続く日本では、少なくとも物価の上昇分くらいは、お金にも働いてもらわないと、資産価値が目減りしてしまいます。そんな中、将来のための貯蓄兼投資ができる仕組みとしてできたのが『つみたてNISA』という制度です。
証券投資に対する所得税の課税がないことや、非課税期間が20年という長期に及ぶという大きなメリットを活かし、少額からでもとにかくコツコツと貯めながら投資をしてみてはどうでしょう。
バクチを打たず、着実性の高い方法でお金を貯めながら殖やすコツは、やっぱり『コツコツ』が一番なのです。

 

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20180920121124p:plain鈴木 みゆき
某メガバンクへ入行。リテール営業担当として、金融商品の販売や資産運用相談業務を担当。その後、金融商品の販売を行わないファイナンシャル・プランナーとして独立。中立的な立場でクライアントのお金の相談に応えている。また、これまでの経験を活かし、金融関連の記事やコラムの執筆活動も行っている。