Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

はじめての資産運用はロボアドバイザーがオススメ

f:id:Money_Clip:20180920115603j:plain

「資産運用には興味があるけど、難しそうだし知識がないから損してしまいそうで、なかなか始められない・・・」
そんな方には、最初に簡単な設定と条件を決めておけば簡単に資産運用ができてしまう最新技術AI(人工知能)を使った『ロボアドバイザー』がオススメです。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは、一言で言えばAI(人工知能)による資産運用です。ロボアドバイザーという“商品”があるわけではなく、あくまでも資産運用の“手法”になります。また、各社がロボアドバイザーと謳っているサービスにも種類があり、大きく分けて2種類存在するということを覚えておきましょう。

1つ目は、「提案型」または「アドバイス型」といって、登録・設定した情報を元に、AIがあなたの目的やリスク許容度に合わせた銘柄構成や商品を提案してくれるものです。自分にどんな商品が適しているのかを判断してくれます。大手金融機関のホームページにて無料で提供されているものもありますので、ある程度運用経験があり、最終的な銘柄選定や売買時期を自分で判断して手続きを行う方や、参考程度にロボアドバイザーを利用したい方はこちらで十分とも言えます。

2つ目は、「投資一任型」です。
これまで株や投資信託の購入未経験または運用初心者の方には、断然「投資一任型」のロボアドバイザーをオススメします。なぜなら「投資一任型」は金融商品の売買やメンテナンスを自動で行ってくれるため、投資知識がない、あるいは乏しい人でも投資について学びながら資産運用をすることができるからです。
以下にて、投資一任型のロボアドバイザーについて詳しく説明します。

はじめての資産運用には「投資一任型ロボアドバイザー」がオススメ

株や投資信託の銘柄数は上場されているものだけでもかなりの数です。そこから自分に合う銘柄を見つけ出すのは初心者にとって大変です。銘柄選びをAIに任せるだけでも運用する人の負担がかなり減ります。

また、資産運用において銘柄選定と同じくらい重要なのが定期的なポートフォリオ(投資種類と保有資産の構成)のメンテナンスなのですが、手間も知識もある程度の経験も必要です。はっきりいって難しいです。その重要なメンテナンスを「手間を惜しまない」「知識は一瞬で習得する」「経験を蓄積して忘れない」AIに任せることで、「忙しいから」「難しいから」「分からないから」という理由で諦めていた資産運用が可能になります。

つまり、ロボアドバイザーは資産運用初心者にとって「弱み」になっていた部分のほとんどを解決してくれる仕組みなのです。ただし、AIの選定した銘柄が必ず値上がりするとは限りません。AIが学習している情報は“過去”だけであって、そこから将来の動きを予想しているので、“予期しない事”にはやはり弱いのです。
また、リーマン・ショック時のように、どの銘柄を選定していても値下がりしているような場面、相場全体が押し下げられている場面でも、一定の値下がりはやむを得ません。分散されているため資産がゼロになることはありませんが、値上がりもあれば値下がりもある、ということは念頭に置いて運用しましょう。

積立投資を利用しよう

資産運用の基本は「リスク分散」です。ひとつの銘柄に集中投資してしまうと、その銘柄が値下がりした場合に、自分の運用資産の価値も同じように値下がりしてしまいます。そのリスクを回避するために、値動きの要因が異なるものを複数組み合わせて「ポートフォリオ」と呼ばれる資産構成をつくり、どれかが値下がりしてもそれ以外の資産でカバーできる体制を構築するのです。

f:id:Money_Clip:20180920115637p:plain

このように、複数の資産に分散することも「リスク分散」の一つなのですが、その他に資産運用に効果的な「リスク分散」の手法があります。それが「時間分散」。購入したり売却したりした金融商品が、果たしてその時安かったのか、それとも高かったのかは将来の運用結果を見ないと判断がつきません。また、世の中で起きていることが相場の上昇の原因になるのか、下落の原因になるのか、その時に判断がつかない場合も多々あります。
そこで、様々なタイミングで少しずつ買い進めていく「積立」で購入時期の分散を図ります。そうすると自分の持ち値を高すぎることも低すぎることもない位置に持っていくことができ、相場急変時に大きな打撃を受けるのを避けることができるのです。

もちろん、今まとまった運用原資がなく、これから資産形成をしてきたい方にも当然積立投資はオススメ。ある程度貯まってから運用を始めようと思っていても、それが貯まるまでの間、使う予定のないお金を利息もほとんどつかない預金にしておくのは、金庫代わりになるくらいのメリットしかありません。貯めながら運用できる、一石二鳥の仕組みが「積立投資」なのです

私自身、一括投資で購入したロボアドと、自動積立で購入し続けているロボアドを保有していますが、一括投資の方は少し株式相場上がっている時期に購入してしまったので、元本に対する値上がり率は自動積立で購入したほうが勝っています。一括投資した方は、当時は「相場が上がり切る前に買っておこう」という考えだった訳ですが、結果的には思っていたよりも高い相場で掴んでしまったのです。一方で自動積立のほうは、購入時期を自ら選んではいないのですが、高値時・安値時でも買い続けていることで、それなりの利益を出せています。ロボアド運用自体が、長期的な運用で利益を追求していく方針なので、全体的に緩やかな上昇をしている証拠なのでしょう。

ロボアドバイザーを使った積立運用の始め方

ロボアドバイザーの運用の中身が初心者向きであることはご理解いただけたかと思います。ここからは気軽な資産運用の始め方をご紹介します。
最もオーソドックスなやり方として、月々決まった金額を銀行口座等から引き落とし、自動的にロボアド運用に回していく「自動積立」があります。積立が可能なロボアドバイザー商品の殆どはお持ちの銀行口座やクレジットカードと連携させることができますので、計画的に運用残高を増やし資産形成していくことができます。

次に、「お釣り投資」。最近メディアでも紹介されることが多くなっていますが、「マメタス」等のお釣り投資アプリを使った投資はロボアドバイザーを使った運用となっています。ちなみにマメタスの場合は「WealthNavi」というロボアドバイザーになっています。お釣り投資というのは例えば9,800円の買い物をした時に、10,000円の買い物をしたことにして200円を投資に回すというやり方です。こちらも気軽に少額から、貯金箱に小銭を貯めていくような感覚でロボアドバイザー運用ができるので、はじめの一歩としてはオススメできる仕組みです。

あとは、「ポイント投資」も良いかと思います。特にドコモユーザーの方はdポイントというポイント制度を利用していると思うのですが、保有しているdポイントをロボアドバイザーで運用して殖やすことができるようになっています。dポイントの場合は「THEO」というロボアドバイザーが使われているのですが、THEOの積立は通常1万円からしか設定できないのに対し、ポイント投資は100ポイント(1ポイント=約1円)から始めることができます。

任せられるところはAIに任せてしまいましょう

従来の金融機関の窓口を利用する資産運用とは異なり、ロボアドバイザー投資はインターネットを中心とした販売チャネルとなっているため、低コストで少額から利用できることが最大の利点です。AIを資産運用分野へ活用した、技術革新の恩恵の賜物でもあります。

筆者も銀行で資産運用のアドバイスや商品販売をしていた経験がありますが、24時間365日動き続けているマーケットの状況を把握し続け、過去の情報を漏れなく収集・蓄積できるAIが開発されている以上、営業職員がどんなにマーケットの勉強をしても敵うわけがありません。そういう意味でも、これからの金融商品のポートフォリオ構築や商品選定は、ほぼ全て、AIが担うことになっていくことになるでしょう。金融分野において、私たちはAIを使う側になることが大切なのです。

とにかく、AIに任せられるところは任せてしまい、より効率的にお金に働いてもらう。
AIに任せることで生み出された時間を、人間らしい生活のために使う。そんな共存ができると良いな、となんとなく考える今日このごろです。

怖がらず、やりやすいところから

「運用は怖い」という意見もよく耳にしますが、個人的には怖いのは「投機」であって、資産運用における「投資」は健全なものです。バクチを打つのではなく、その時の経済情勢に合わせたポートフォリオを組んで、仮にインフレになった時にも資産価値が保全できるようなお財布を持っておく、これが資産運用です。その目的に適う形で、新しい技術を使えるのがロボアドバイザーです。このロボアド投資も最近はどんどん進化し、ポイント投資やお釣り投資等、様々な入り口ができています。まずは、自分の入りやすい入り口から、のぞいてみてはいかがでしょうか?

 

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20180920121124p:plain鈴木 みゆき
某メガバンクへ入行。リテール営業担当として、金融商品の販売や資産運用相談業務を担当。その後、金融商品の販売を行わないファイナンシャル・プランナーとして独立。中立的な立場でクライアントのお金の相談に応えている。また、これまでの経験を活かし、金融関連の記事やコラムの執筆活動も行っている。