Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

2018年は副業元年?副収入の確保ならクラウドソージング

f:id:Money_Clip:20180611162452j:plain

2018年は「副業元年」といわれています。簡潔に述べると「今後の会社員は副業を持つことが容認される=副業をすること前提で家計を考える必要がある」ということなのです。
これはライフスタイルが激変する可能性がある流れです。複数の収入源を持たなければならないということになるのですが、一般的な会社員ならば数多ある副業の中でもクラウドソージングでの副業をお勧めします。

日本社会が副業容認に舵を切った流れと状況の確認

政府が近年主導している「働き方改革」、その動きの中で副業の解禁を後押ししています。これまで多くの会社で副業が禁止され、働くといえば1社だけというのが当たり前でした。ところが厚生労働省が2017年11月「モデル就業規則」から副業禁止に関する項目を削除する改正案を有識者検討会に提示、続けて2017年12月に経団連が副業・兼業を容認するように各企業に促す方針に転換・・・というように急展開にも感じられますが、ともかく日本社会は副業容認という動きをとっています。

www.mhlw.go.jp

これからは厚労省の指導、経済界の要請を後ろ盾に新しい働き方として、ある会社に属しながら「副業」が認められる時代になるのです。今後はかなりの会社が副業容認の方向に舵を切ることが想定できます。

クラウドソージングでの副業をおすすめする5つの理由

さて「会社員の方ならば副業が当たり前ですよ」という時代になりそうなのですが、皆さんはどんな副業に取り組みますか?私がおすすめしたいのはクラウドソージングでの副業です。
他の副業が悪いというわけではありませんが、一般的な会社員であれば最も着手しやすくて且つ挫折せずに着実に収益をあげていくことができるからです。以下おすすめする5つのポイントを列記していきます。

クラウドソージングをおすすめする理由1:市場の拡大

クラウドソージングでの副業をお勧めする理由の1つめとして、市場の拡大期であることです。この分野で二大大手になっているランサーズが2008年12月、クラウドワークスが2012年からのサービス開始です。クラウドソージングがスタートしてからまだ10年経っていないのです。

ご自身の周囲を見渡していただきたいのですが、クラウドソージングで収入を得ている方ってどれほどいらっしゃいますか?副業という性質上、オフラインの場面ではなかなか表に出てこないかもしれません。この分野は社会に定着してからまだ数年しか経っておらず、今ならば参入の余地も大きいのです。

Twitterをチェックしていればクラウドソージングで稼いでいる方も既に一定数はいて、専業・副業の違いはあれど実際に収入を発生させている人がいるということもわかります。2018年にクラウドソージングで稼げる方ならば充分に先行者としての恩恵を得ることが出来るでしょう。

www.lancers.jp
crowdworks.jp

クラウドソージングをおすすめする理由2:かなり自由に時間の調整が可能

クラウドソージングでは基本的には外出をする必要がありません。すなわち、通勤時間がない、拘束時間が無いということですから一般的な就業と比べて時間的な融通が利くことになります。外出しなくてもよいので、化粧や服装などを気にせず気が向いたときに始められるということです。業務の内容によってはスマホやタブレットでも作業ができます。スマホ等で作業ができるということになれば完全に場所や時間を問わないということです。

従来からある副業と比較してかなりの程度、自分の好きなスケジュールでできることになります。このポイントは影響が大きいです。
例えば家族や友人と待ち合わせなどがある時、必ずしも時間ぴったりということはあり得ません。その待ち時間の間に稼げる事ができる…都度都度の業務は小銭かもしれませんが1か月たった時を想像してみると素晴らしくないでしょうか?なお、クラウドソージング全体での平均月収金額は4万5650円となっているようです。

参考:クラウド・ワーキングの実態調査! 月収は平均4万5650円!?|「マイナビウーマン」

クラウドソージングをおすすめする理由3:金銭的な原資がほとんど必要ありません

副業の中ではヤフオクやメルカリ等で物品を売買するようなタイプの稼ぎ方もメジャーです。物品売買関連の副業はノウハウを学べば誰でも可能(再現性が高い)であることも強いメリットですね。一方で仕入をするのに費用がかかりますし、在庫を抱えておく必要もあります。トレンドの推移や相場の乱高下で損失を出すこともあるでしょう。

実は私も長年ヤフオクを利用していて、一時期は趣味の品物を業者のような規模で売買していたことがあります。当時の勤務先からの給与とほぼ同額を稼いでいたので副業同然の規模でしたね。この時は実店舗の店頭にある在庫処分品などをAucfan(オークションの相場検索サイト)で調べて相場より下回ってて儲けが出るならば調達するという単純な手順でした。
在庫処分で2,000円の品物を14個まとめ買いしてヤフオクでは1個20,000円で販売したり、特定用途のニッチな品物が2,000円で販売されていたものを仕入れて25,000円で即日販売したり・・・と思い出話が尽きません。しかしその分「仕入代金」を常に手元に確保しておく必要がありました。何しろいきなり仕入れ商品が目の前に現れるのですからね。当時はクレジットカードを持っていなかったので生活費との兼ね合いで「資金繰り」がそれなりにきつかったのも覚えています。

つまり物品売買によって差益を得る発想の副業では副業を始める際や継続していく時に一定の費用が必要ということです。このことは更に日月毎の売上管理を行い適切な粗利益が出ているかの確認が必要であることを意味します。額ばかり大きくても利益が手元に残らなければ意味が無いですからね。

クラウドソージングでの副業活動は業務を取り扱う各社への登録が済めばすぐにでも仕事に取りかかれますし、知識や技術の習得等の自己啓発にかかる費用以外に発生する金銭的な負担は原則ありません。金銭的な負担やリスクが無く始められ、一旦始めればその後は継続して副業を進められるのです。

クラウドソージングをおすすめする理由4:アフィリエイトと異なり、確実に収入につながります

ネットを使った副業、稼ぎ方として誰もが一度は目にしたことがあったり憧れたりするのがアフィリエイトでしょう。詳しい説明は色々なところでされているのでここでは最低限しか書きませんが要するにブログやサイトを広告媒体として手数料を発生させる仕事です。

一見、手軽に始められるので参入の敷居は低いのですが考えることは皆同じですからアフィリエイトの世界は大変厳しい競争になっています。成果が出るまでに半年~1年というのざらで、その成果も1,000円でも発生すれば御の字というのが正直なところです。もちろん絶対にうまくいかないとは言いませんが、収入を発生させるための副業でアフィリエイト1本というのはいかに茨の道かということは考えていただきたいのです。

それに比べてクラウドソージングでは業務を請ける形態やジャンルこそ様々ですが、いずれにしても「完了した業務の分だけ収入が発生する」ことに変わりはありません。いつになったらどれだけの成果が出るかわからないアフィリエイトよりも、作業量に応じて発声する収入が目視できるクラウドソージングのほうが一般的な会社員にとっては向いている副業だと私は思います。

クラウドソージングをおすすめする理由5:投資活動と異なり、参入する事前に専門的な知識や学習が基本的には不要

株や投資信託については数え切れない程の基礎知識と定石を知っておくことが必要になってきます。もちろん知識が無くても金融市場への参戦は可能です。しかし理解した上で投資を行わなければ自らの意思で金融商品の購入・売却をすることができません。
今話題になっている仮想通貨を持つにしても、仮想通貨そのものの仕組みや周辺事情がわかっていないと市場のニーズも掴めませんし、相場も読みようがありません。

どうして得したのか損したのかの理由もわからず金融商品に手を出しているというのでは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というギャンブルと変わりません。
私事ですが、私自身の投資活動を振り返ると最も特徴的だと思われるのが「金やプラチナなど貴金属への投資比率が高い」ことだと自己分析しています(私のペンネームはこれに由来しています)。これは私なりに3つの根拠があっての特長です。

1点目は貴金属に対する価値評価が安定していること。有史以来人類の営みにおいて貴金属はいずれも美しく希少価値があり容易に変色をしないなどの性質を持っています。古代では宗教的儀式や王の権力を示すものとして使用され、古代から20世紀までは貨幣としても使われてきました。紙幣が発達してからも金本位制という金をベースにした経済システムが長らく続きました。これらの歴史的背景があって貴金属に対する評価が急落することは考えにくいのです。

2点目は地球上に存在する埋蔵量に限度があるため自ずと希少価値は上昇するはずと予測していること。有史以来、金がこれまでに精錬されてきた量は約186,000t(オリンピックプール3杯分しかない)年間産出量は約3,000tです。残された推定埋蔵量は約40,000tにすぎない上に残された金の鉱脈は海底などの採掘困難な場所に多いとされています。1トンの金鉱石から取れる金はわずか5~7グラム。プラチナは更に希少性が高くて地上在庫量約5,000t、年間産出量約200tと言われています。つまりプラチナは金の1/40ほどの量しか地上に存在していない、貴金属の中でも最も希少な資源なのです。

3点目は、近年のみの傾向として従来は常に金よりも高価だったプラチナが産業需要の減少を原因として価値が逆転していることです。80%が宝飾品に加工される金に対してプラチナは60%が産業用(特にディーゼルエンジン自動車の排ガス触媒)として利用されています。宝飾品としての需要も30%ほどありますが、そのほとんどが中国と日本の需要です。
EV自動車の普及による産業用需要の低下という市況ですが、元々金の1/40ほどの量しかないプラチナの相場が崩れて元に戻らないという事態は考えにくいと判断しています。

これが正解か不正解かは数十年の時を経なければ判りませんが、せめてこの程度には自分なりの根拠を持って金融商品への投資は行なわなければなりません。
やや話が脱線気味でしたが、クラウドソージングでの副業には参入前にこうした知識の習得や分析、それを得るための学習などは原則として不要なので大きく損することなく着実に副業に取り組めるのです。

クラウドソージングで副業を始めて、今オンラインで何が起きているかを体感してください

クラウドソージングはプログラミングやデザインなどの専門分野の業務をはじめとして、ライティングやオンライン通販業務のアシストなど様々な業務があります。これらは俯瞰的に見た場合、現在オンライン上で行われているメジャーな営業活動の断片です。

現在進行形で起こっているオンライン環境でのマネタイズの一端を垣間見ることができますし、スキルの習得次第では得られる報酬も増加します。手堅く報酬を得られるクラウドソージングで副業に取り組みながらこれからの日本社会を見つつ、本業と副業のバランスを取って良い人生になれば幸いです。

hares.jp

 

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20180226141801j:plain涼宮 ぷらち
大学卒業後にIT専門量販店へ就職。30代で社会人向資格専門学校に転職し、運営と公務員受験講座講師を担当。40代を目前に「本当に必要とされる場所で働きたい」と考えた結果、最初にスカウトされた経営コンサルタント会社に勤務。中小企業様の経営・金融・助成金制度・新事業等に関する支援を行う。