Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

太陽光関連企業が軒並み倒産、損失計上、事業撤収に陥った背景

太陽光関連企業の倒産、事業からの撤退が依然として増え続けている。空前の「太陽光バブル」は2012~14年に生じた。育成したい思惑で始めた政府側の優遇措置と、急激に値下がりするソーラーパネル価格との間に生じた莫大な差益を求め、数多くの企業が殺到し…

進む「SPA(製造小売)第2ステージ」を制する条件と課題

消費者ニーズに最も近い商品設計をベースに、原材料の調達から製造・物流・販売、そして在庫管理、店舗設計など究極の効率性を追求する「SPA(製造小売)」方式が、小売業者に使われはじめてからすでに30年の歳月が経過した。屈指の高収益体制を実現した先駆…

中国通信機器メーカー2社(ファーウェイ、ZTE)製品排除の意味するもの

昨年来、米国はじめ日本を含めた同盟各国は、一斉に中国の通信機器メーカー2社の製品を締め出しにかかってきた。「用心に越したことはない」という情報セキュリティ上の措置というより、背景にはハイテク分野での米中間の覇権争いが見え見えである。米中が…

あえて「日本ガラパゴス化」歓迎論を提唱する

アベノミクス成長の先行きが今1つ不透明なこともあって、「日本のガラパゴス化が原因」と、10年前に流行ったフレーズを持ちだし、改めて日本企業の国際行動を問う論調が増えてきた。だが逆に言うと、ガラパゴス化はその国の強みや中核のコアを象徴する部分で…

EV(電気自動車)シフトで拍車かかる部品メーカーのM&A、系列離れ

自動車業界では、次世代車をめぐる開発競争が日を追って激化するのにしたがって、部品メーカーの系列内での立ち位置が急速に変化しつつある。車メーカー間のM&A(合併、買収)、あるいはIT(情報技術)やAI(人工知能)関連の異業種との提携などといった「系…

<2019年景気・株式展望> 米中摩擦、世界的後退の中の日本経済予測

2019年の日本経済は正念場を迎える。鍵は、足踏み状態にある景気を再加速させ、どのようにして安定軌道に乗せることができるかだ。 10月に迎える消費増税への対応、デフレからの完全脱却は今年の課題だが、不穏な海外要因も目白押しだ。焦点はまず米中対決の…

<化粧品業界の実態検証> 日本メーカーのグローバル展開と将来性

日本の化粧品業界の業績は総括して「ほぼ横ばい、微増程度の推移」国内で人口減少が進むなか、今後は海外市場開拓に向け強力なエネルギーを発揮していく必要があるのだが、大手メーカーの動きは依然として鈍い。資生堂をトップに、売上げランキング上位5社…

家電量販店のビジネスモデルに忍び寄る「陰り」の正体

高度成長の代名詞にもなった「三種の神器」(テレビ、洗濯機、冷蔵庫)への爆発的な需要の伸びを追い風にして、全国に大型チェーン店舗で市場を席巻した家電量販店も、このところ低迷が目立ち、ビジネスモデルの修正を迫られるようになっている。消費構造の…

お金に使われるのではなく、お金を「働かせる」という考え方

働くことに対する意識を「改革する」 最近、「働き方改革」という言葉を耳にする機会が多いのではないでしょうか。今の日本は、人口減少に伴って労働不足が深刻になっています。平成がまもなく終わろうとしている中で、私たち自身の働き方に関する考え方を変…

PayPayは覇権を握ったのか?日本でも始まるキャッシュレス化の流れ

新しいテクノロジーが生まれたときに、日本と世界では新技術に対する対応の仕方が大きく変わります。新しい技術を進んで取り入れようとする海外に比べて、日本はなかなか重い腰を上げることができず、慎重な姿勢を崩さず乗り遅れてしまうことが多々あります…

頻出しはじめた日本メーカーの不祥事(データ改ざんなど)の背景

“検査データ改ざん”という検査不正が、日本の大手企業に相次いで発覚している。海外・国内ともに、その原因としてモノづくり能力の劣化、ガバナンス(企業統治)の欠如などを指弾する声ばかりが大きいが、不祥事の本質はどこにあるのか、きちんと整理して見…

高騰・急落の波乱市況に明け暮れた2018年原油価格の背景と2019年予測

“上昇20%、下落40%”──。今年の原油市況は激しく乱高下したのが特徴である。背景には米中摩擦、世界同時株安、トランプ政権のイラン石油制裁、サウジ記者殺害事件、飛び交うOPEC解体の噂など、さまざまなファクターが複雑に入り組んでいる。 1バレル76ドルで…

VRが生活を変える!?娯楽だけでなく医療や教育にも活用

VRは様々なメディアや企業が取り入れ始め、2016年には一般向けにも発売され「VR元年」とも言われています。ゲームやイベントで頭に大きい機械をつけて映像を見るものといったイメージが強いのではないでしょうか。実際、私もVRでジェットコースター体験をし…

「次世代車」めぐり激化する部品メーカーの買収・提携、技術開発バトル

自動車業界に「100年に1度の大変革」が訪れようとしている。伴い“主役交代”の時期が刻々忍び寄る。EV(電気自動車)化によって、ガソリンによる内燃機関がモーターによる駆動装置に置き換わるのだ。 クルマの部材に求められる役割は一段と拡大、自動運転化…