Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

仮想通貨ビットコインの魅力と投資リスク

f:id:Money_Clip:20170623183031j:plain

仮想通貨が流通し始めている。特に普及が進んでいるビットコイン(BTC)は、日本国内でもスマホさえあれば利用できる店舗等が増加中だ。
これら仮想通貨の現状と可能性、そして取引市場における投機的な価格変動が今後どうなるのか。
元本等の保有リスクや投資リスク、そしてビットコインのブロックチェー技術を中心に、為替リスクが無い等の通貨としての魅力にも触れてみたい。 

仮想通貨とは

2017年4月の改正資金決済法において、日本国内でも仮想通貨の法定定義が定められた。

  1. 物品を購入し、若しくは借り受け又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
  2. 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの。くだいて言えば、円と同じに決済手段として財物(サービス含む)購入に使用可能だが、実体はなく電子的な台帳上に記録され、インターネットを通じて移転ができるもの(財産的価値があり不特定多数と売買可能)で仮想通貨自体が価値を持ち、そのレートは変動し不特定多数と売買(トレード)ができる。


仮想通貨は電子マネーとは異なり、円と同様の価値は保証されない。
まだ税法や関連規定も整備中で、諸外国もまちまちの扱いだが、高速で少額決済を実現するビットコイン(以下「BTC」と略記)は、トレード以外に通貨と同様の使用シーンも増えている。

<※BTC以外にもLitecoin等多くの仮想通貨が生み出されているが、ここでは話題をBTCに絞る>

仮想通貨は「暗号通貨」とも言われるほど暗号技術が中心的な要素となっている。暗号技術の具体的な内容説明は避けるが、基本的なセキュリティ、セキュアな通貨を保証するために欠かせないのが暗号技術であることは間違いない。
BTC以前にも100種類に近い仮想通貨の試みがあったが、BTCの様に成功した仮想通貨はなかった。様々な理由があると言われているが、BTC成功の大きな要素がブロックチェーンによるセキュリティ保証だろう。

business.bengo4.com


ブロックチェーンという言葉はご存じだろうか。これは、簡単に言えば存在するBTCの流通等をすべて記録した「BTCの取引記録(台帳)」と言える。
BTCは初期登録後、取引によって送信され所有者変更の履歴がブロックチェーンに記録される仕組みで、書き換えられるブロックチェーンの履歴が検証できることが、BTCの信頼性を支えている。
ブロックチェーンの内容は取引の都度書き換えられ、そのデータサイズは現在、約9GBに達した模様だ。

BTCの利用

ビックカメラは、有楽町店等一部店舗でのBTC支払い(上限10万円)を始めた。海外の観光客を取り込む狙いで、国内最大級のBTC舗への利用拡大も検討中だ。
また、リクルートライフスタイルもBTC取引所coincheck との業務提携で、2017年中にビットコイン利用可能店舗を26万店にすることを発表した。
レジアプリ「Airレジ」での店舗利用を計画している。
こうした動きから、今後もBTCの利用拡大の可能性があるように思われる。

trendy.nikkeibp.co.jp


こうした仮想通貨のメリットとしては以下等があげられる。

  1. 24時間利用可能で、決済が早い(決済情報が保護される)
  2. 送金が早く、送金手数料が安い
  3. プライバシーが保護される(匿名性が極めて高い)
  4. 為替リスクがなく、インフレによる価値下落の心配がない(景気動向による通貨価値自体の下落がない)


一方、デメリットとして以下も注目しておきたい。

  1. 元本の保証がない
  2. トレードの際の流動性が乏しい
  3. 事故等の場合にも法的保護が少ない
  4. 暗証だけの管理なので、忘れた場合や急な事故等の場合には相続、贈与が困難


これらについては今後利用と仕組みの理解が進むにつれ変わっていくと思われるが、利便性に比べ、通貨としての安全性の問題は一番気になるところだ。

BTCの技術と特徴

f:id:Money_Clip:20170623190121j:plain
出典:gaiax-blockchain.com


BTCは、ハッシュ関数SHA-256を使用した暗号技術によって、通貨発行元帳管理の基本的なセキュリティを確保している。

これまでの多くの仮想通貨で成功しなかった「中央集権的」台帳管理を採用せず、ウェブ上の合意形成で分散型の元帳技術の透明性と信ぴょう性を維持している点では、実用性のある仮想通貨としては初めてのケースとなっている。

ブロックチェーンによる分散管理型のシステムとは、データを複数のコンピュータで分散管理し、管理コンピュータの一部が消滅あるいは改ざんされても真正データを保持するコンピュータが多数派として存在すれば、不正データ判別やデータ復旧を自動的に行える。多数決で正しいデータを見分けるシステムだ。

その多数決を知るためにブロックチェーンで、膨大な数のユーザー間のデータ等で形成されたブロックが連結されている。
このブロック間をつなぐ際に使われている暗号技術が前掲のハッシュ関数で、多くの正規ブロックで構成されるチェーンへの侵入・破壊・改ざん等を行うには、現状では非現実的と言える膨大な労力・資源が必要であることが、BTCの安全性の高い理由だ。
BTCは発行総量を2140年までに2100万BTCを限度とし、以降の新規発行はしないとされている。
これがBTCに通貨インフレの発生が起こらない一つの根拠となっている。

jp.techcrunch.com

謎のサトシ・ナカモトとBTC

独創的なBTCのアイデアを生み出したサトシ・ナカモト(中本哲史)については、ほとんどわかっていない。
2008年にハッシュ関数に関連した暗号理論とBTCの論文を発表し始め、翌年からネット上にBTCソフトと最初の「マイニング(採掘、仮想通貨の発行作業)」を行った人物で、BTCの運用はここから始まっている。(ナカモトはBTCを100万BTC程度発行(所有)と推測されており、直近高値では3300億円に相当する額だ)
この人物が誰であるかはBTCの現状、今後にはあまり関係ない。だが、後述するようなBTCの安全性、安定に疑義が生じた際には、これまで失敗続きだった仮想通貨の流れを変えた人物ナカモトが、再び登場するのかも知れない。

markethack.net

最近のBTC相場

現状では政府発行通貨に匹敵する安全性を持つとも言われるBTCには、多くの投資マネーが集まって市場を形成している。
昨年までは、中国など自国通貨への信頼度に疑念を持つ富裕層等の参加が多かったが、世界的な利用拡大により、2017年に入ってからは、さらに市場規模が広がっている。

仮想通貨BTCのNYにおける価格は6月15日の取引で、前日比で一時19%も下落した。
1BTCの円レートは、今年初めは10万円前後で推移していが、6月12日の33万円超の水準まで急上昇して、過去最高値をつけた。
その数日後に、一時約23万円と、3割程度の暴落となった。

www.nikkan-gendai.com


「貨幣なら発行政府が、株式なら企業業績が価値の基礎となるが、仮想通貨であるBTCには価値の基礎はなく、現状では決済機能も万全とはいえないため、BTCへの投資は投機(ギャンブル)でしかないという見方も多い。
特に大量保有者が多いと言われる中国において、規制や経済状況等での大規模な売りで値が下がり始めれば、一気に暴落する可能性もあり、乱高下が起こりやすい、かなり高いリスクの通貨であることは間違いない。

さらに、BTC関連株の値動きにも注意が必要だ。
BTC取引所運営の米企業と提携するマネーパートナーズ(8732)等のBTC取引き業関連企業や、BTC取り扱い企業向けBTC決済技術を提供するリミックスポイント(3825)等は、BTCの好調に支えられ堅調な株価を維持している。
だが、株価にはBTC相場や環境変化による変動(上昇)期待もあり、その推移にはBTCの動向と同様に注意が必要だ。

参考:BTC関連絡柄リスト
マネーパートナースG(8732) 米BTC取引運営社と業務提携
リミックスボイント(3825) BTC取引所等運営
フィスコ(3807) 
カイカ(2315) フィスコ傘下で取引所運営技術提供
リアルワールド(3691)  国内BTC取引所と業務提携
セレス(3696) 
VOYAGE G(3688)
マーチャント・バンカーズ(3121)
GMOペイメントゲートウェイ(3769) BTC決済処理サービス提供

BTCの将来

発行経費(報酬)の関係もあり、BTCは2140年以降の新規発行は行わないこととなっている。
前述したように、現状で利用できるコンピュータ資源でハッシュ関数をブロックチェーンのデータから逆算し、新規発行(マイニング)を行うことは時間・コスト面でハードルがかなり高い。(ハッキングの入り口であるブロックチェーンとの連携(侵入)に至るまでに、ハッシュ値を得る為の膨大な労力が必要なので、その段階(連携)で正規発行者として報酬を売る方が経済的にもかなり有利なこともその背景にある)

多数決の論理で価値を維持している非中央集権型通貨のBTCには、財産移転の問題や通貨間の調整の問題などいくつかの未解決の問題があり、今後規模や流通が拡大するにつれ多くの問題点が指摘されそうだ。
だが、今やトップクラスの囲碁棋士に勝利可能となった囲碁ソフトが、かつてプロに勝てるソフトは計算量が膨大で不可能と言われたように、BTCの技術的な信頼性がコンピュータ・AIの将来の高度化においても保てるかどうかはわからない。

暗号システムの脆弱性については現段階では許容範囲内だが、現在想定できないような形でハッシュ関数予測が可能になれば、BTCのブロックチェーンシステムは崩壊するだろう。
また、安全性や利便性で、BTC以上に魅力的な新たな仮想通貨が現れ主役の座を奪われる可能性もあるかも知れない。

後序:ハッシュ関数について

BTCの重要な要素であるハッシュ関数は、①任意のサイズ・文字列が使える、②決められたサイズの出力可能(256ビット以上も可能)、③効率的計算が可能(計算時間が早い)、という特性を持つ暗号関数だ。
その特性として、①衝突特性(複数の入力から同じ出力が出にくい)、②秘匿性(出力値から入力値が推測されない)、③パズル信頼性(関数の答え「解」を見つけるためには全ての可能性を当たることが最も早い方法であること)、の3条件をクリアしている。
BTCが利用しているSHA-256は、756ビットの入力で256ビットの出力を生成する非常に優れた圧縮関数だ。【参考図書『仮想通貨の教科書』A.ナラヤナン等著。日経BP社発行】

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20170111181053j:plainK. 和気
損害保険会社等で担当者約5年、決済責任者を含め通算10年以上にわたり数百億円に及ぶ単独資金決済運用(最終決定)を担当。現在は非常勤顧問として勤務の傍ら、マーケットや経済情報をタイムリーに取り入れ、株式・為替・債券等にて資産運用を行い、日々実益を出している。