読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

加入する前に知っておきたい生命保険のしくみ

保険
f:id:Money_Clip:20170209133444j:plain

生命保険は、病気や怪我による入院または死亡など、予期せぬ出来事によって発生する損失を保障するため加入を考えている方も多いだろう。
加入前に、自分が入るべき生命保険の判断材料として、生命保険の種類や保険料のしくみを知っておく必要がある。それぞれの内容について確認する。

生命保険の種類としくみ

生命保険は、定期型・終身型・養老保険・収入保障型の4種類に分かれる。

定期型は、10年や15年で定期的に更新をしていく保険で、保険料は若い時には安く、年をとるごとに高くなっていく。よって、更新のタイミングで見直しを行う必要がある。

終身型は、保険料を支払い終えた場合、保障が一生涯続く保険だ。払い込みが完了する年齢は、65歳や70歳など、選択式になっている。払い込みの形式は、年払いや一括払い込みの2つの方法がある。
この終身型は定期型と異なり、更新制ではないため見直しがしにくいというデメリットがある。よって、定期型から切り替える際に検討してもよいだろう。また、確実に死亡保険金を受けとりたい場合には、適しているといえる。

養老保険は、貯蓄性を備えた保険だ。養老保険の特徴は、死亡保険金の他に、生存保険金があることだ。よって、老後の資金として加入するに最適といえる。保険料の支払い方法も、定年後にもらえる退職金で一括払いする方法もある。

収入保障型は、保険料が安く、保険期間が経過するにつれて保険金が安くなる傾向がある。これは収入保障型は結婚していて、子供がいる場合などに生活費を補てんする目的があるからだ。子供は成長とともにお金がかからなくなり、必要な保障金額も少なくて済むようになる。教育費に関しては、学資保険を検討してもよいだろう。

4種類の保険とも、それぞれ特徴がある。独身なのか、世帯持ちなのか、年齢などにより加入するべき生命保険は変わってくるので、自分の状況をよく考えて加入する生命保険を検討したいところだ。

hoken-kyokasho.com

生命保険の保険料のしくみ

生命保険に加入すれば毎月の保険料が発生する。そこで、保険料はどのようにして決められるのかを確認する。

保険料は純保険料・付加保険料の2種類に分けられる。

純保険料とは保険金に充当する分で、付加保険料は保険会社が運営していくための資金に充当する分だ。よって保険料は全額が保険金に充当されるわけではないのだ。

保険料を決める基準について確認してみる。
保険料を決める基準は予定率であり、この予定率は予定死亡率・予定利率・予定事業比率の3つに分かれる。

予定死亡率とは、過去の統計によるデータから、性別や年齢により、死亡者数を予測したものだ。

予定利率とは、保険料を運用した結果どれだけのお金を増やすことができるかというものだ。予定利率が高ければ、運用による利益が見込めるようになり、その分保険料が割引され保険料が安くなる。
逆に予定利率が低ければ、運用による利益が見込めず、その分保険料が割引にならず保険料が高くなる。

予定事業比率とは、保険会社が事業を行うにあたって予測される費用だ。保険会社でかかる人件費や管理費が該当する。
そして保険会社が保険金を運用した結果、余剰金として配当金が発生するケースがある。

保険料は保障がされるものではないことに注意が必要だ。予定利率の状況で、保険会社により、保険料が異なってくる。

b-h.hatenablog.com

解約保険料のしくみ

保険契約を中途で解約した場合に、戻ってくるお金を解約返戻金という。
この解約返戻金について確認する。

解約返戻金は、貯蓄の代わりにもなるものだ。預貯金とは違い、引き出しが自由にはできないが、その分強制的に貯めることができる。
ただし解約返戻金がある保険とない保険があるので確認してみよう。

解約返戻金がある保険は、終身保険・養老保険・学資保険になる。

終身保険では、解約返戻金を貯蓄し、老後資金として利用する方法がある。ただし特約の場合は、解約返戻金が少なくなる場合もあるので注意が必要だ。

養老保険は、前述したように貯蓄性が高い保険であり、払いこみした金額はほとんどが返戻されてくるものだ。

学資保険は、生命保険とは性格が異なるものだ。養老保険に類似しているが、返戻される率が高い傾向があり、満期の保険金を受け取る目的で加入する場合が多い。

解約返戻金がない保険は定期保険・収入保障保険だ。
定期保険は、掛け捨ての保険で解約返戻率は無く、収入保障保険も同様である。
よって、老後の資金などに少しでも資金を残したい場合は、終身保険・養老保険・学資保険に加入して、途中に解約することを検討する形になる。

hoken-connect.jp


生命保険は病気やケガになった時の準備資金だ。加入しておいたほうが安心ではあるが、加入する保険のタイプ、保障内容、保険金や保険料のしくみは知っておく必要がある。
保険料は毎月の家計に影響があり、加入しすぎると家計を圧迫する。健康保険でも最低限の保障や高額医療費の補てんはあるので、生命保険は健康保険の補てんとして、自分が必要な保障をしてくれる保険に加入すべきだ。

 

コラム執筆者

f:id:Money_Clip:20170119115649j:plain 藤崎 徹(ファイナンシャルプランナー)
会計事務所勤務を経て、上場企業にて内部統制コンサルティング業務に携わる。現在は資格学校にて日商簿記試験対策・経理実務講座・税法実務講座と、FP継続研修講座にて財務分析や決算書セミナーを担当。
<保有資格> AFP、CFP科目(タックス)、日商簿記1級、税理士会計科目