Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

「働き方改革」を上手くいかせるためには、「仕事以外の顔」が必要だ

「働き方改革」が迷走する根本的な原因は? 「働き方改革」や「ワークライフバランス」という言葉だけが、日本では先走りしているように感じます。目につきやすい所であれば、「残業を減らす」ことがテーマの一つになっているのですが、多くの企業では実際は…

地方経済と社会の崩壊が始まった!あなたは対処策を持っていますか?!

確定申告の時期真っ只中です。日本中の中小企業が人口減少、それに伴う人手不足、そして事業者の高齢化による廃業・・・こうした難しい課題に直面しています。実際に私は確定申告の業務に携わっていて、決算の内容を拝見するのですが、感覚的に今年は約8割の事…

「バブル」一服も、乱高下は必至の仮想通貨の今後

ビットコインをはじめとする仮想通貨が“投機”対象として脚光を浴び、昨2017年は1年間で、その価格がざっと20倍に高騰するという「バブル」となった。年末の流出事件も受け、一時の熱狂ぶりはやや後退したものの、またここにきてジワリ価格は上昇に入っている…

急ピッチのフィンテック進化で待ったなしとなった「銀行大変革」

超低金利が長期化し銀行の儲けの柱だった利ザヤ(預金金利と貸出金利の差)は、じりじりと年を追って縮小の一途にあります。保有する株や債券の売却による益出しや、金融商品の販売で手数料収入を得ようと懸命ですが、抜本的なこれといった打開策が見いだせ…

ソーシャルマーケティングを成功させるために解決すべき課題

マーケティングに於いて、無視することはできないソーシャルメディア。今回は、ソーシャルメディアを利用したマーケティングを成功させるために、企業が解決すべき課題について考えてみたいと思います。

サウジアラビアの「女性の解禁」がもたらす日本経済の行方

アラビア半島の大部分を占め、紅海とペルシア湾(アラビア湾)に海岸線を有する砂漠国にサウジアラビアという国がある。この国は、独自の信教や女性の人権など異なる文化を持つ。世界で唯一禁止されている女性の自動車の運転は、この2018年6月には解禁予定。…

医療現場でのAI活用方法と人間の医療における役割

いまや日常的に耳にするようになったAI(人工知能)の話題。そのAIの応用に関する研究が盛んな分野の一つが医療の現場で、より正確な治療や診断が可能になり、ハードワークの医療従事者の負担を減らすことが期待されています。この記事では現在の医療現場や医…

【日本マクドナルド】日本中を震撼させたあの事件から約3年半の今

今から約3年前の2014年7月、日本マクドナルドの一部輸入元「上海福喜食品」の映像がTVで放映された。チキンナゲットに使われている中国産の鶏肉が、使用期間切れだったことに日本中の消費者が震撼した。その数か月後には、青森・東京・福島・大阪で、チキン…

癒しと健康はお金で買う時代?

癒しブームが話題になって20年、最近は若者に広がるリラク志向に加えシニア世代の健康投資に癒しを加味したコト消費なども加わり、癒しビジネスの様相が一変したと言われる。最近の癒しと健康に関連するビジネスや目新しいサービスの紹介を通じて心身健康ビ…

【ゲーム業界の未来はどうなる】任天堂VSソニーVSソーシャルゲーム

出典元:jp.gamesindustry.biz スマホで手軽にゲームが楽しめる時代になり、ゲーム人口が増加している。特にスマホ(スマートフォン)でソーシャルゲームを楽しむ層が増加しているが、その一方で専用ゲーム機も底堅い人気を保っている。「Nintendo Switch」…

メルカリだけじゃない?中古品取引市場の活況が示すもの

画像出典元:excite.co.jp 中古品売買市場が活況と言われる。若い女性の人気を背景に急成長を続けるメルカリの勢いは、既存の中古販売市場を越えた社会的な広がりを見せ始めている。メルカリ以外の中古品販売企業にも、既存サイトや新規参入を含め多様化した…

防災ビジネス最前線

東南海地震や異常気象が当たり前になってきたこの頃、様々な原因による火事や大規模地震等、環境問題を含め将来に起こりうるリスクは、インターネット利用とIOT機器の増加もあり、さらに増大する可能性もある。こうした災害対策に、既に様々な防災ビジネス企…

ビットコインよりも面白い?仮想通貨あれこれ

CBOE(米国・シカゴ先物取引所)のビットコイン先物上場に続いて、CME(シカゴ通貨先物取引所「シカゴマーカンタイル取引所」)にも先物が上場された。CBOEより取引量が大きなCME上場で、ビットコインの取引はさらに活性化した。 日本でも大きな関心を集めて…

終活のために、今から考えておきたい財産管理と資産運用

生きている限り、誰もが避けられない死。その時のために様々な準備をしておくことが終活です。まだ早い、と後回しにしてしまいがちですが、その日がいつ来るかは分かりません。そして、終活を始めた人が一様に言うのは、「安心して暮らせるようになった」と…

レンジ内のドル/円相場は、いつ変動するか?

2017年の値動きが少なく、レンジ内で変動するドル/円相場は、いつまでレンジ内に留まり続けるのか?どんなきっかけがあればレンジを越えた変動が開始するのだろうか?様々な要因で動く為替市場の現状と今後の展開を考えてみたい。

【電池の未来】EVの性能は電池が決める?

EV(電気自動車)の生産が世界的に増加傾向にある。環境保護の観点や国家戦略等から、各国が将来的なEVシフトを強めていることが背景だ。EVには加速性の良さや静寂性等の利点もあるが、コスト高以外に加えて航続距離の短さと頻繁に必要である充電回数の多さ…

日経平均上値・下値の目処はどこまでか?

強気予想が増えてきた日本の株価予想だが、市場の強気予想が揃った場合に急落することも多いとも言われる。上昇基調の調整局面と騰勢頭打ちから下落に向かう局面との見分けは難しい。企業の業績は引き続き好調だが、上昇局面は外人買いが支える状況が進行す…

金融業界はRPA導入で変わるか?少子化対策と業務改革

頻繁に見聞きするIoT・ビックデータのクラウド利用・AI進化等、これらの新技術が新たな産業革命の起動力とも言われる。話題の働き方改革も新技術が労働を代替し、単なる省力化ではない余剰労働力の新分野への振り替えが必須という。こうした人的労働代替の実…

ビットコイン価格はどこまで上昇するか【仮想通貨の価格変動】

仮想通貨最大の取引量を続けるビットコイン(BTC)価格が上昇している。今後の取引市場におけるビットコイン等の仮想通貨の投機的な価格変動は、誕生後の期間が短く、過去の経験が少ない上に理論的な価格形成根拠も不明確なため価格予測が難しいと言われる。こ…

シェアビジネスの未来

シェアハウスやシェアレンタル等のシェアビジネスが国内外で拡大している。さらに国内では、時間貸店舗ビジネスにも一定の需要がある。従来からあった衣服レンタルや相乗りタクシーなども含め、スマホ普及・ネット利用の浸透により新しいシェアビジネスの形…

マイクロインフルエンサーがつくる?最新トレンドとは

「マイクロインフルエンサー」の影響で、ネット広告の在り方が変わるのではないかと言われ始めた。インターネット上にあふれる広告の質や費用対効果を再検証し、効果的な広告には、不特定大多数向けよりも比較的少数でも特定のターゲットを含む範囲に的を絞…

再上場、上場廃止、企業統合・・・企業の再編戦略の方向は?

最近、様々な理由から一度上場廃止となった企業の再上場が目立っている。この10年間で約20社あった企業の再上場のうち、25%が2017年の再上場だった。一方、ベスト電器など知名度の高い企業が上場廃止するケースも多い。これらの企業の戦略やその成否と企業…

AIの進化と量子コンピューター

自動運転、スマートスピーカー、家電のIoT化によるネットワーク利用等、最近話題の技術に大きな比重を持つのがAI(人工知能)の高性能化だ。急速に能力は向上しているが、まだ人間の認識や判断を代行できるレベルにはほど遠い部分が多い。こうした課題を解決…

先物取引市場誕生で変わるか?仮想通貨取引

米国でビットコインの先物取引市場が開設される見込みとなった。急激な乱高下を繰り返してきたビットコイン価格の安定と取引活性化が期待されている。また、日本発のモナコイン取引も最近人気化している。こうした仮想通貨人気の背景に、インフレの影もある…

AIスピーカー(スマートスピーカー)はどのように進化するのか

AIスピーカーの人気が上昇中だ。日経トレンディ誌が選定する「2018年ヒット商品予想」の第1位に、スマートAIスピーカーが選定された。まだ発売前の機種も多いが、今後日本でも急速に普及が進むと考えられているAIスピーカーは、現状の限定的な機能・性能から…

【食の安全とチーズブランド】EPA大枠合意とチーズ輸入

日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)の大枠合意が、7月の首脳会談で決まった。合意により多くの品目の関税撤廃が予定されているが、詳細合意の事務作業や実施前提となる法的整理(リーガルスクラブ)等も継続中で、まだ協定締結には至っていない。特に注…

宇宙ビジネスの可能性と課題

今、宇宙ビジネスが注目の分野だ。夢やSFの世界と思われていた宇宙旅行に加え、宇宙発電・送電など多くの宇宙関連ビジネスに可能性が広がり、宇宙ビジネスへの注目度が高まっている。大手企業も参入を始めた宇宙ビジネス実現の可能性や現状・課題について、…

トランプ政権の新経済政策実施で為替動向はどうなる?

米国景気が好調を保っている。9年目に入った米国の景気拡大等を受け、NYダウは連日市場最高値を更新中だ。株高の背景には、長期間の金融緩和による資金余剰や米国企業の好況に加え、トランプ政権の新経済政策がようやく実現に向けて進みだし、その経済効果へ…

物流企業の未来を探る

物流企業に大きな変革の波が押し寄せている。 ネット通販拡大とドライバー不足に代表等の人件費問題、そして大手物流倉庫火災で改めて注目された集約化・効率化傾向。ドローンの利用や当日宅配等に様々な課題と期待をはらむ物流企業の現状と課題から、その未…

【センサ新時代】iPhone X、3Dだけではないセンサ技術革新

引用元:apple.com iPhone Xに搭載された高度な顔認証3Dセンサが話題になっている。従来不可能だった様々な情報のデータ化が、センサ技術の高度化・高速化等で可能になったことが先端技術の背景にある様だ。アップル社iPhoneの3Dセンサ分析に加え、進化中の…