読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

トランプ政権とゴールドマンサックス

出典:thepage.jp トランプ政権を支える閣僚達の3Gと言われる出身母体の一つが、ゴールドマンサックス社だ。他の2Gは富豪と将軍という一般名詞でくくられた集団であるが、固有名詞であるゴールドマンサックス社(以下「GS」と略記)出身の集団は均質性という…

「日本銀行のお仕事?」日銀業務とインフレ目標について

経済等のニュースで日銀の文字を見かけることは多いが、政策金利・国債業務・日銀券発行以外の他にどのような仕事をしているのか正確に答えられる人は意外に少ない。広範囲な日銀業務の中から主な業務紹介と、日本経済との関連、日銀に期待される役割につい…

プレミアムフライデー実施企業が示すか?明日の働き方

出典:min-tori.com 2017年2月24日、第1回のプレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。プレミアムフライデーへの対応は、企業や業態によって様々であり消費喚起の効果やあらたな社会現象としての評価はこれからだろう。 いち早く対応して…

金価格が上昇を続ける理由を探る

出典:birchgold.com 「有事の金」「インフレの金」等の言葉をよく耳にする。実際、国際情勢の不安・金利の低下・インフレ傾向など、様々な事由による資産価値のリスクヘッジとして金購入が話題になり、そのような時期には金の国際価格も高騰することが多い。…

イノベーションは宇宙から「スピンオフ製品」の未来

出典:jaxa.jp 最近の技術分野においての経済ニュースでは、AI・ロボット・フィンテック・ビットコイン等への注目度が高い。しかし、経済や産業にイノベーションを生む分野として、医療・製薬を含む「生命科学分野」と広い意味での「宇宙産業分野」の二つも…

「3年後GDP600兆円」の目標をどう考えるか

出典:co-media.jp アベノミクスの成長戦略、新『三本の矢』は、2020年迄に名目GDPを600兆円にするという目標を掲げ、昨今の厳しい経済情勢下で、その実現可能性や達成への戦略などに議論が集中している。だがGDPの数字が独り歩きしてはならない、GDP…

トランプノミクスで為替はどう動くか

出典:toyokeizai.net トランプ大統領が次々に打ち出す大統領令の注目が集まっているが、新政権の経済政策、いわゆる“トランプノミクス” の具体策はまだ少ない。トランプ新政権の経済政策は、不透明要素が多く米国経済がどう変わってゆくかという全体像が見…

見えてきた経済大国インドの光と影

出典:jp.reuters.com インドは、世界第2位である約12億人以上の人口(日本の約9倍)と、ヨーロッパ全体に匹敵する広大な国土を持ち、GDP世界第7位の経済大国でもある。インド経済は中国を上回る経済成長率を維持しており、将来的には仏・英を抜いての…

プレミアムフライデー(Premium Friday)の経済影響

出典:premium-friday.go.jp 平成29年2月24日金曜日、第一回『プレミアムフライデー』が実施予定となった。以降も、原則月末金曜日の実施予定である。“月末金曜日は、ちょっと豊かに” というキャッチフレーズでスタートするこの取り組みに、どんな経済…

トランプ米国大統領就任後の経済リスク

出典:jp.reuters.com トランプ大統領就任後の世界経済、市場動向の推移は就任間近となった現在も不透明要素が多く、経験則が当てはまらない経済リスクが専門家により多数予測されている。そうした今後の経済リスクの一つとして、トランプ就任後の為替変動リ…