Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

ビジネス

在宅勤務、テレワークの未来はどうなる?

日本にテレワーク利用の在宅勤務が普及し始めている。これまでにも在宅勤務の形態はあったが、インターネットを含むIT技術の進化によりテレワーク利用の新しいかたちの在宅勤務割合が増加している。こうした傾向から、今後の社会経済には様々な影響が出てく…

ネスレ、ペプシコの人員削減計画は何を意味するのか?

最近とあるニュースが気になっている。米国の大手飲料メーカーのペプシコやスイスの国際企業ネスレの人員削減計画の相次ぐ発表だ。原因は、単なる売れ行き不振による生産の調整ではなく。人材の確保が困難な場所からの生産拠点の移転が理由の様だ。このニュ…

夏ボーナスの支給額は?税金で減った分を取り戻すには

今年の夏のボーナスはいくら支給されましたか?使うことに気持ちが向かっていると、つい手取り額ばかり気になって実際の稼いだ金額のことが分からない人も少なくありません。ボーナスも給与と同様に、額面の金額から税金や社会保険料を差引いたものが振り込…

企業決算予想と想定レートから見える企業戦略

3月期決算企業の2016年度決算と今期業績見通しが発表され、2017年度業績予想の前提として、上場企業では500社近くがドル/円等の「想定為替レート」を併せて発表している。輸出入企業では各社の想定為替レートと業績予想が密接に関係しており、想定する為替…

小売業を救うか?売上急伸するドラッグストアの未来

報道によれば、食料品等の取扱いも始めたことで急速に売り上げが急伸している国内ドラッグストア業界の総売り上げは2016年度に百貨店を越えた。急成長のドラッグストアは、今後もこれまでのようなスピードで店舗拡大と売り上げを増やし不振の小売業を力強く…

国民年金・生活保護農家からAIへ?高齢化農業の課題と未来

農業の高齢化は深刻化を通り越して、すでに危険水域にあると言われている。今後10年、20年経過後の過疎・高齢化の村と農業の将来を憂慮し、日本経済への影響を心配する声は大きいが、その解決策についてはまちまちのようだ。 ここでは高齢化の進む農山村…

【新社会人は知っておくべき税金の秘密】給与から差し引かれる所得税と住民税

4月から新社会人になった人は、会社から労働報酬として給与を支給されるだろう。給与には、所得税法28条にも定められているように税金が発生する。給与から差し引かれる所得税・住民税についての計算プロセスと、手取り額に影響のある所得控除について確認す…

GDP算入は難しいか?ネットビジネス統計

ネット小売り利用額の総計は年間15兆円規模に達したとの報道がある。年々増加するネット販売は年間約140兆円の見込み額で、全国小売業の売上額から考えても無視できない規模だろう。<H28政府サービス動態統計室調査>消費の一角を占める規模となったネ…

ゼネコンの底力はどこから生まれるか

出典:toyokeizai.net 大手ゼネコンの業績は、リーマンショック後の建設不況を完全に克服し、急ピッチで回復している。特にスーパーゼネコンと言われる5社の業績は、2016年に3社が過去最高益を更新し、今後も5社の高い利益水準を維持できそうだ。 旺…

遺伝子組み換え技術(GM)作物表示は見直されるか?

出典:nongmoproject.org/ EUでは義務付けされている食品油原料の遺伝子組み換え技術(GM)作物の使用表示は、現在の日本では表示義務がない。このためGM原料を使った加工油もGM表示の必要がない。日本におけるGM表示のあり方、今後の食物表示の問題点と食の安…

人件費ロボット化のイノベーションに関連する業界は?

出典:roboteer-tokyo.com 慢性的な人手不足の解消が、日本経済の最重要課題として意識されつつある。省力化手段として利用拡大が進むロボット利用の背景は、急速に進化する人工知能(AI)の組み込みから、ロボットによるこれまでの単純作業用という製造業務の…

育児休業給付と介護休業給付

雇用保険には、育児または介護による会社休業において給与が減額された時の救済措置として育児休業給付と介護休業給付の制度がある。この2つの制度について支給要件と期間を確認してみる。

「日本銀行のお仕事?」日銀業務とインフレ目標について

経済等のニュースで日銀の文字を見かけることは多いが、政策金利・国債業務・日銀券発行以外の他にどのような仕事をしているのか正確に答えられる人は意外に少ない。広範囲な日銀業務の中から主な業務紹介と、日本経済との関連、日銀に期待される役割につい…

プレミアムフライデー実施企業が示すか?明日の働き方

出典:min-tori.com 2017年2月24日、第1回のプレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。プレミアムフライデーへの対応は、企業や業態によって様々であり消費喚起の効果やあらたな社会現象としての評価はこれからだろう。 いち早く対応して…

「3年後GDP600兆円」の目標をどう考えるか

出典:co-media.jp アベノミクスの成長戦略、新『三本の矢』は、2020年迄に名目GDPを600兆円にするという目標を掲げ、昨今の厳しい経済情勢下で、その実現可能性や達成への戦略などに議論が集中している。だがGDPの数字が独り歩きしてはならない、GDP…

人材紹介業の多様化傾向から見える、これからの就職事情

1997年のILO181号条約を機に、民間職業紹介事業者の規制が緩和され、伝統的な求人企業からの希望を元に人材サーチを行う、いわゆる“サーチ型紹介会社”から「求人・求職」両者の結合を行う形態の事業者が増加しつつある。最近、求職者の希望を重視…

電子書籍とVRが創造する未来のメディア

出典:kakaku.com 電子書籍は、まだまだ普及途上だ。音楽や映像コンテンツに比べ、電子化の普及はさほど進んでいない。そこで、電子書籍の普及を妨げる要因と紙媒体の格差を問題視し、よりリアルさを実現させるべく電子書籍とVRが創り出す未来のメディアを考…

プレミアムフライデー(Premium Friday)の経済影響

出典:premium-friday.go.jp 平成29年2月24日金曜日に、第一回プレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。その後も実施継続されており、原則として月末の金曜日が対象日だ。“月末金曜日は、ちょっと豊かに”というキャッチフレーズと金色のロ…