Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

欧米日、各中央銀行の出口戦略はどうなる?

先進各国の中央銀行の「出口戦略」が話題になっている。米国では、6月のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備制度理事会)保有資産の圧縮開始について声明を出した。EUにおいても、ECB(欧州中央銀行)が金融緩和解除について議論していることは公…

【日経平均:東芝除外】レギュラー脱落を下された電器産業の雄

8月1日から東芝(6502)が日経225構成銘柄から外され、入れ替わりでセイコーエプソン(6724)が組み入れられる事が正式に決まった。 もともと東芝は、2017年3月時点で債務超過状態が確認された事により東証2部への鞍替えが決まっていたが、この度、日本の株式市…

在宅勤務、テレワークの未来はどうなる?

日本にテレワーク利用の在宅勤務が普及し始めている。これまでにも在宅勤務の形態はあったが、インターネットを含むIT技術の進化によりテレワーク利用の新しいかたちの在宅勤務割合が増加している。こうした傾向から、今後の社会経済には様々な影響が出てく…

EU離脱が英国経済崩壊を招く? 影響する日本企業は?

英国のEU離脱(ブレグジット)交渉が始まった。期限が定められた交渉で総選挙に敗北した英国の立場は弱く、EU主導で離脱条件が決まる公算も高い。最終的な結果は未定だが、内容次第ではこれまでの想定以上に英国経済への深刻な影響が出るとの観測も出始めて…

「空売りファンド」の売り推奨銘柄の株価推移

最近の株式市場で、特に新鮮味のない悪材料でも「空売りファンド」と呼ばれる調査会社のレポート発表で急落する銘柄がある。株価指標が割高の銘柄は、特に悪いニュースに大きく反応し株価が急落するケースがある。このような場合に保有株や新規投資について…

日本で大普及するか?!ロボアドバイザーについて徹底解説

最近は、AI(人工知能)バブルとも言われ、AIという言葉を聞かない日は無くなってきました。これからはAIの時代であることは疑いようがないでしょう。AIは私たちの暮らしをより豊かなものにしてくれる多くの可能性を秘めています。そして、そのAIのビッグデ…

ネスレ、ペプシコの人員削減計画は何を意味するのか?

最近とあるニュースが気になっている。米国の大手飲料メーカーのペプシコやスイスの国際企業ネスレの人員削減計画の相次ぐ発表だ。原因は、単なる売れ行き不振による生産の調整ではなく。人材の確保が困難な場所からの生産拠点の移転が理由の様だ。このニュ…

夏ボーナスの支給額は?税金で減った分を取り戻すには

今年の夏のボーナスはいくら支給されましたか?使うことに気持ちが向かっていると、つい手取り額ばかり気になって実際の稼いだ金額のことが分からない人も少なくありません。ボーナスも給与と同様に、額面の金額から税金や社会保険料を差引いたものが振り込…

仮想通貨ビットコインの魅力と投資リスク

仮想通貨が流通し始めている。特に普及が進んでいるビットコイン(BTC)は、日本国内でもスマホさえあれば利用できる店舗等が増加中だ。これら仮想通貨の現状と可能性、そして取引市場における投機的な価格変動が今後どうなるのか。元本等の保有リスクや投資…

【非関税障壁と日米通商交渉】農業保護と自由貿易の課題とは

バター不足やバター値上げが続く乳製品不足。ジャガイモ不作による、ポテトチップス危機。 一見無関係に見えるこの二つのニュースの共通項は、日本の農業分野における「非関税障壁」なのかも知れない。「バター危機は酪農家への過保護」との声は、ポテトチッ…

米国の現状から考察する日本の株式市場

昨今、「為替と株価の連動感が無くなっている」という意見をよく耳にする。いわゆる “米ドルが安くなっているのに、NYダウ等の米国の株価指数が軒並み高くなっている” という現象だ。 本来であれば、株式市場が活性化するという事は、そこに投下するための米…

ようやく揃ったトランプ政権全閣僚とゴールドマンサックス

出典:thepage.jp 最近ようやく全閣僚が揃った米国トランプ政権を支える閣僚達の中で3Gと言われる出身母体の一つが、ゴールドマンサックス社だ。他の2Gは富豪(Gazillionaires)と将軍(General)という一般名詞でくくられた集団であるが、固有名詞であるゴール…

PB(プライベートブランド)商品はなぜ売れる?安さだけではないその魅力を探る

スーパーやドラッグストア等のプライベートブランド(以下「PB」と略記)商品の販売推進戦略が成功し、売り上げを伸ばしている。最近の好調なPB商品の背景には、定番ブランド品に比べて低価格という魅力だけではなく、独自の消費者へのアピール力もあるよう…

結婚・出産はマネープラン作りの前?それとも後?ベストタイミングを知ろう

安定した人生を送るために、マネープラン作りはとても効果的な方法です。マネープランとは、これから迎えるライフイベントに備えるための資金計画ですが、計画通りにいかないのもまた人生。プランは一度作って終わりではなく、節目ごとに見直す必要がありま…

投資信託の選び方と知っておくべき税金のしくみ

株式や債券、FXにNISAなど段々と普及をみせてきた投資手法。老後貯蓄などのライフプランニングに資産形成は付き物である。投資には様々な種類があるが、初心者にとって取り組みやすいのが投資信託だ。投資信託は自ら資産運用するのではなく、専門家が代わり…

企業決算予想と想定レートから見える企業戦略

3月期決算企業の2016年度決算と今期業績見通しが発表され、2017年度業績予想の前提として、上場企業では500社近くがドル/円等の「想定為替レート」を併せて発表している。輸出入企業では各社の想定為替レートと業績予想が密接に関係しており、想定する為替…

「つみたてNISA」や「iDeCo」から読み解く、国の制度の真意とは

「あなたは国の制度に関してどれほどの関心がありますか?」近年、日本人の政治離れや政治意識の希薄化などが問題視されています。これは国の制度についても例外ではありません。 例えば、今年1月より個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)が制度改善されたこと…

【女性が入っておきたい3つの保険】医療保険、がん保険、もうひとつは?

厚生労働省の調べによれば、今や女性の2人に1人は90歳まで、4人に1人は95歳まで生きる時代です。長寿は喜ばしいことですが、日々の暮らしにはお金がかかることも事実。また長生きをすれば生活費だけではなく、医療や介護の費用もかかることが予想されます。 …

教育資金の設計はどうするのがベストか?

教育資金の設計をどのように立てるかは、子を持つ親にとって頭の痛い問題だ。日々の生活資金内で、教育資金を計画的に貯蓄するのは容易なことではないが、ライフプランの中で教育費は重要な資金項目である。また、子供には学費の心配はさせたくないだろう。…

小売業を救うか?売上急伸するドラッグストアの未来

報道によれば、食料品等の取扱いも始めたことで急速に売り上げが急伸している国内ドラッグストア業界の総売り上げは2016年度に百貨店を越えた。急成長のドラッグストアは、今後もこれまでのようなスピードで店舗拡大と売り上げを増やし不振の小売業を力強く…

初心者必見!株主優待を受け取るために心得ておくべきこと

最近、知名度を上げてきた株主優待。株主でいると、企業からお礼の品として自社製品や優待券がもらえる制度である。しかし株主優待制度に関してはさまざまな決まり事があり、初心者には敷居が高く見える。従って株式投資初心者は、まず株主優待を受け取るた…

夫や妻が亡くなった時にもらえる遺族年金のしくみを知ろう

老後に夫や妻が亡くなり単独生活を送る際、生活費のことを考えたことがあるだろうか。万が一の時に備えておきたいのが遺族年金だ。遺族年金とは、夫や妻が亡くなった場合に遺族に対して支給される公的年金であり、自分が受給資格を持っているかどうかを確認…

トランプリスクで為替はドル安?ドル高?にわかに高まるアメリカの政治リスク

出典:bbc.com 突然のFBI長官更迭からトランプ大統領の「ロシアゲート」懸念が高まった、アメリカの政治リスクはヨーロッパ以上という声も出ている。今後のトランプ政権の動向や政権内部の権力争いも絡む大統領や閣僚等の発言は、ドル相場の方向性に大きく関…

自社株買い発表企業の株価パフォーマンス

3月末決算企業の決算発表が進む中、自社株買いを発表する企業数は高い水準を保っている。では、自社株買いの実施(予定・検討)企業の、発表後株価パフォーマンスはどうなっているのだろう。 自社株買い方針発表時には当該企業の株価は人気化するケースが多…

IPO投資のしくみと攻略法を知って、株式投資で大きく儲けよう

未上場企業が株式の新規公開をすること、すなわち新規公開株・新規上場株のことをIPO(Initial Public Offering)という。IPO株は、高確率で公募価格より初値のほうが高くなることが多いため、投資家にとって人気が高い。大きな利益を出せる可能性が高く、初…

“ももクロ vs リノベーション” 私鉄新戦略から見える経営姿勢

出典:tokyu.co.jp/tobu.co.jp 首都圏の私鉄にも、少子高齢化や製造業不振の影響が及んでいる。田園調布・横浜等の人気住宅街をテリトリーとし、前例のない革新的な駅・地域連携戦略を始めた東京急行電鉄(9005)と北関東に展開した広域路線を持つ東武鉄道(90…

相続を争続としないために遺言書の書き方のノウハウ

現在の日本は多死社会に突入したといえる。どの家庭にとっても、相続の問題は避けきれない問題だ。相続をスムーズに行うには遺言書が有効であるといわれているが、どのような遺言書を書いて家族に残していくべきかは悩みどころだ。遺言書の書き方、遺言書を…

国民年金・生活保護農家からAIへ?高齢化農業の課題と未来

農業の高齢化は深刻化を通り越して、すでに危険水域にあると言われている。今後10年、20年経過後の過疎・高齢化の村と農業の将来を憂慮し、日本経済への影響を心配する声は大きいが、その解決策についてはまちまちのようだ。 ここでは高齢化の進む農山村…

同世代だからこそ言える!20代が行うべき「真のライフプランニング」とは

唐突ですが質問です。「日本の将来像が予測できますか?」「そして日本の将来に向けた対策ができていますか?」 以前の日本では、国の制度が充実していた為、就職、定年退職、老後と順序よくある程度は豊かに暮らすことができました。しかしながら日本の将来…

がん保険は必要か?がん保険の加入すべき保障内容

国立がん研究センターの調査によると、2016年のがん罹患数予測は約101万200例(男性57万6千100例、女性43万4千100例)であり、うち死亡数予測は約37万4千人(男性22万300人、女性15万3千700人)にまで及ぶ。日本人の死因第1位で、全体の3割を占めるがんは他…

じゃがいも不作でポテトチップス業界に大ブレーキ、カルビー&湖池屋の戦略

出典:calbee.co.jp koikeya.co.jp 菓子製造・販売大手のカルビー(2229)は2017年4月にポテトチップスの一部商品を販売終了や休止を発表した。昨夏の台風の影響によるものだ。同じく業界大手の湖池屋(2226)も、高級ブランドのポテトチップス販売休止、出…

為替市場はEU崩壊を予測するか?ユーロとEUの未来を探る

フランス大統領選の第1回投票は、事前の世論調査通りマクロン氏が1位となり、3位以下の他候補からの支持表明もあって第2回投票での大統領選出に近づいた。この結果により値下がり傾向にあったユーロは大きく上昇した。しかし、今後も火種が残る欧州政治…

貯蓄だけで充分?子供の教育費にかかる費用

桜の季節が過ぎていき、この春進学した子供たちはそろそろ新しい環境にも慣れてきた頃でしょうか。子供には希望する道に進んでほしいと思う親心はいつの時代も変わりません。子供の夢を経済的にも応援できるよう、教育費の準備は早めに始めたいですね。

「SELL IN MAY!」本当に5月は売りの季節なのか? ~格言の知恵を探る~

「SELL IN MAY(セルインメイ)」という株式格言がある。証券市場の相場変動サイクルなどの要因と過去の経験則から5月は売りの好適期だという。では、今年も5月は売りの好機なのだろうか?現段階では不安定な相場環境から脱し始め、適合するようにも見える…

ソニー本格復活となるか?キラーゲームコンテンツ「Fate/Grand Order」と新メディア戦略

ソニー(6758)の業績は、回復基調を明らかにしつつある。株価は2000年の最高値は勿論、、リーマンショック前の高値もまだ遠いが上昇傾向を示している。このソニー株式会社が、最近発売した人気ゲーム関連の新戦略から新たな映像戦略・継続収益確保への狙い、…

【長寿化による死亡保険値下げ】標準死亡率の引下げで保険商品への影響は?

2018年4月、生命保険各社は長寿化に伴う保険商品の保険料の改定を行う予定だ。標準死亡率の減少による死亡保険料の値下げは11年ぶりとなる。各保険会社は、保険料の見直しを迫られ、加入者を増やそうとする動きに出ることが予測される。死亡保険の今後の動向…

税金のクレジットカード納付メリットはキャッシュフローとポイント還元にあり

所得税の確定申告が終わったと思ったら、もうすぐ自動車税、固定資産税の納付のお知らせが届くころです。納税の時期に合わせて準備の予定をしていても、年度の変わり目はなにかと物入り。一時的に家計のキャッシュフロー、つまりお金の流れが悪くなってしま…

生体スキャンで医療革命?第7世代超高周波レーザーの可能性

出典:santec.com 光を使った医療検査といえば、眼底検査などでの走査光源利用に限られ、それ以外の用途は技術的な壁があって実用化されていなかった。こうした状況の中、ジャスダック銘柄のSANTEC株式会社(6777)が発表した第7世代高周波長可変レーザーは…

【新社会人は知っておくべき税金の秘密】給与から差し引かれる所得税と住民税

4月から新社会人になった人は、会社から労働報酬として給与を支給されるだろう。給与には、所得税法28条にも定められているように税金が発生する。給与から差し引かれる所得税・住民税についての計算プロセスと、手取り額に影響のある所得控除について確認す…

円高の不思議。ミサイル発射・国会混迷でなぜ円が上がるのか?

北朝鮮のミサイル4発が発射された2月12日、円/ドルレートは約30銭円高に振れた。さらに国会への森友学園前理事長喚問後の秘書官FAX公表後、翌週初の為替は1円を越える円高となった。 通常、自国への攻撃懸念や内政混乱は通貨安理由であり、理論的に…

GDP算入は難しいか?ネットビジネス統計

ネット小売り利用額の総計は年間15兆円規模に達したとの報道がある。年々増加するネット販売は年間約140兆円の見込み額で、全国小売業の売上額から考えても無視できない規模だろう。<H28政府サービス動態統計室調査>消費の一角を占める規模となったネ…

ゼネコンの底力はどこから生まれるか

出典:toyokeizai.net 大手ゼネコンの業績は、リーマンショック後の建設不況を完全に克服し、急ピッチで回復している。特にスーパーゼネコンと言われる5社の業績は、2016年に3社が過去最高益を更新し、今後も5社の高い利益水準を維持できそうだ。 旺…

自撮りはドローンの時代へ進む?

自撮り棒の大ヒットからおよそ3年。時代は進化し続けている。ドローン規制が進む中でも様々な利用は拡大中だ。行動的な若者の間で利用が増えているドローン自撮りと利用のニーズから、質・量ともにスケールアップする個人間のドローン利用が開く新時代を予…

モディノミクスは成功するか?経済大国インドの光と影(その2)

出典:capitalfm.co.ke GDP7%成長、株価上昇基調のインド経済。若年人口が多く、将来的な人口世界一が確実視されているインド経済の可能性はさらに大きい。自ら「安倍首相の経済政策を尊敬する」と述べ、次々に繰り出される経済施策が “モディノミクス” と…

相続税における税務調査の対象と対策

相続税は、法人税や所得税と比較して税務署の税務調査が入る割合が高いという特徴がある。税務調査が入りやすい相続税の税務調査内容と対策や注意点について確認する。

米国対外防衛戦略の主役「第3オフセット戦略」国内企業の新戦略への対応は?

出典:jp.sputniknews.com 米国防総省は、軍事技術のイノベーション、革新的作戦構想、兵器調達と兵站共通の全面改革が必要と提唱し、これらを「第3オフセット(相殺)戦略」と命名し最新防衛戦略の中心と考えている。 具体的には無人機による軍事作戦、海中・…

米国対外防衛戦略の切り札「第3オフセット戦略」と日本の役割

出典:tokyoexpress.info 少し耳慣れない「第3オフセット(相殺)戦略」という言葉だが、これからの米国の防衛力整備には、重要な意味を持った概念だ。トランプ大統領が推し進めようという6兆円という多額な防衛予算拡大の背景にあるかも知れない、この次世代…

老後破産しないために。年金の種類と必要性

現在、60歳以上の高齢者が毎月の収入として得ているのが18万円といわれている。この金額から社会保険や税金を差し引きした可処分所得は15万円となる。“老後破産” “下流老人”が増加する中、老後の生活に必要な資金と年金をどれだけもらえるのか、国民年金を支…

電子チラシとニュースサイト。急激に変わる新聞購読の明日

出典:ccc.co.jp 世界最大の宅配新聞大国である日本の宅配新聞契約数が落ち込んでいる。その理由は色々挙げられているが、意外な理由の一つにインターネット上の電子ちらしが、世帯によって折り込み広告に勝るケースもあるようだ。社会の変化と折り込み広告…

遺伝子組み換え技術(GM)作物表示は見直されるか?

出典:nongmoproject.org/ EUでは義務付けされている食品油原料の遺伝子組み換え技術(GM)作物の使用表示は、現在の日本では表示義務がない。このためGM原料を使った加工油もGM表示の必要がない。日本におけるGM表示のあり方、今後の食物表示の問題点と食の安…