Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

ビットコインよりも面白い?仮想通貨あれこれ

CBOE(米国・シカゴ先物取引所)のビットコイン先物上場に続いて、CME(シカゴ通貨先物取引所「シカゴマーカンタイル取引所」)にも先物が上場された。CBOEより取引量が大きなCME上場で、ビットコインの取引はさらに活性化した。 日本でも大きな関心を集めて…

終活のために、今から考えておきたい財産管理と資産運用

生きている限り、誰もが避けられない死。その時のために様々な準備をしておくことが終活です。まだ早い、と後回しにしてしまいがちですが、その日がいつ来るかは分かりません。そして、終活を始めた人が一様に言うのは、「安心して暮らせるようになった」と…

レンジ内のドル/円相場は、いつ変動するか?

2017年の値動きが少なく、レンジ内で変動するドル/円相場は、いつまでレンジ内に留まり続けるのか?どんなきっかけがあればレンジを越えた変動が開始するのだろうか?様々な要因で動く為替市場の現状と今後の展開を考えてみたい。

【電池の未来】EVの性能は電池が決める?

EV(電気自動車)の生産が世界的に増加傾向にある。環境保護の観点や国家戦略等から、各国が将来的なEVシフトを強めていることが背景だ。EVには加速性の良さや静寂性等の利点もあるが、コスト高以外に加えて航続距離の短さと頻繁に必要である充電回数の多さ…

日経平均上値・下値の目処はどこまでか?

強気予想が増えてきた日本の株価予想だが、市場の強気予想が揃った場合に急落することも多いとも言われる。上昇基調の調整局面と騰勢頭打ちから下落に向かう局面との見分けは難しい。企業の業績は引き続き好調だが、上昇局面は外人買いが支える状況が進行す…

金融業界はRPA導入で変わるか?少子化対策と業務改革

頻繁に見聞きするIoT・ビックデータのクラウド利用・AI進化等、これらの新技術が新たな産業革命の起動力とも言われる。話題の働き方改革も新技術が労働を代替し、単なる省力化ではない余剰労働力の新分野への振り替えが必須という。こうした人的労働代替の実…

ビットコイン価格はどこまで上昇するか【仮想通貨の価格変動】

仮想通貨最大の取引量を続けるビットコイン(BTC)価格が上昇している。今後の取引市場におけるビットコイン等の仮想通貨の投機的な価格変動は、誕生後の期間が短く、過去の経験が少ない上に理論的な価格形成根拠も不明確なため価格予測が難しいと言われる。こ…

シェアビジネスの未来

シェアハウスやシェアレンタル等のシェアビジネスが国内外で拡大している。さらに国内では、時間貸店舗ビジネスにも一定の需要がある。従来からあった衣服レンタルや相乗りタクシーなども含め、スマホ普及・ネット利用の浸透により新しいシェアビジネスの形…

マイクロインフルエンサーがつくる?最新トレンドとは

「マイクロインフルエンサー」の影響で、ネット広告の在り方が変わるのではないかと言われ始めた。インターネット上にあふれる広告の質や費用対効果を再検証し、効果的な広告には、不特定大多数向けよりも比較的少数でも特定のターゲットを含む範囲に的を絞…

再上場、上場廃止、企業統合・・・企業の再編戦略の方向は?

最近、様々な理由から一度上場廃止となった企業の再上場が目立っている。この10年間で約20社あった企業の再上場のうち、25%が2017年の再上場だった。一方、ベスト電器など知名度の高い企業が上場廃止するケースも多い。これらの企業の戦略やその成否と企業…

AIの進化と量子コンピューター

自動運転、スマートスピーカー、家電のIoT化によるネットワーク利用等、最近話題の技術に大きな比重を持つのがAI(人工知能)の高性能化だ。急速に能力は向上しているが、まだ人間の認識や判断を代行できるレベルにはほど遠い部分が多い。こうした課題を解決…

先物取引市場誕生で変わるか?仮想通貨取引

米国でビットコインの先物取引市場が開設される見込みとなった。急激な乱高下を繰り返してきたビットコイン価格の安定と取引活性化が期待されている。また、日本発のモナコイン取引も最近人気化している。こうした仮想通貨人気の背景に、インフレの影もある…

AIスピーカー(スマートスピーカー)はどのように進化するのか

AIスピーカーの人気が上昇中だ。日経トレンディ誌が選定する「2018年ヒット商品予想」の第1位に、スマートAIスピーカーが選定された。まだ発売前の機種も多いが、今後日本でも急速に普及が進むと考えられているAIスピーカーは、現状の限定的な機能・性能から…

【食の安全とチーズブランド】EPA大枠合意とチーズ輸入

日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)の大枠合意が、7月の首脳会談で決まった。合意により多くの品目の関税撤廃が予定されているが、詳細合意の事務作業や実施前提となる法的整理(リーガルスクラブ)等も継続中で、まだ協定締結には至っていない。特に注…