Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

じゃがいも不作でポテトチップス業界に大ブレーキ、カルビー&湖池屋の戦略

出典:calbee.co.jp koikeya.co.jp 菓子製造・販売大手のカルビー(2229)は2017年4月にポテトチップスの一部商品を販売終了や休止を発表した。昨夏の台風の影響によるものだ。同じく業界大手の湖池屋(2226)も、高級ブランドのポテトチップス販売休止、出…

為替市場はEU崩壊を予測するか?ユーロとEUの未来を探る

フランス大統領選の第1回投票は、事前の世論調査通りマクロン氏が1位となり、3位以下の他候補からの支持表明もあって第2回投票での大統領選出に近づいた。この結果により値下がり傾向にあったユーロは大きく上昇した。しかし、今後も火種が残る欧州政治…

貯蓄だけで充分?子供の教育費にかかる費用

桜の季節が過ぎていき、この春進学した子供たちはそろそろ新しい環境にも慣れてきた頃でしょうか。子供には希望する道に進んでほしいと思う親心はいつの時代も変わりません。子供の夢を経済的にも応援できるよう、教育費の準備は早めに始めたいですね。

「SELL IN MAY!」本当に5月は売りの季節なのか? ~格言の知恵を探る~

「SELL IN MAY(セルインメイ)」という株式格言がある。証券市場の相場変動サイクルなどの要因と過去の経験則から5月は売りの好適期だという。では、今年も5月は売りの好機なのだろうか?現段階では不安定な相場環境から脱し始め、適合するようにも見える…

ソニー本格復活となるか?キラーゲームコンテンツ「Fate/Grand Order」と新メディア戦略

ソニー(6758)の業績は、回復基調を明らかにしつつある。株価は2000年の最高値は勿論、、リーマンショック前の高値もまだ遠いが上昇傾向を示している。このソニー株式会社が、最近発売した人気ゲーム関連の新戦略から新たな映像戦略・継続収益確保への狙い、…

【長寿化による死亡保険値下げ】標準死亡率の引下げで保険商品への影響は?

2018年4月、生命保険各社は長寿化に伴う保険商品の保険料の改定を行う予定だ。標準死亡率の減少による死亡保険料の値下げは11年ぶりとなる。各保険会社は、保険料の見直しを迫られ、加入者を増やそうとする動きに出ることが予測される。死亡保険の今後の動向…

税金のクレジットカード納付メリットはキャッシュフローとポイント還元にあり

所得税の確定申告が終わったと思ったら、もうすぐ自動車税、固定資産税の納付のお知らせが届くころです。納税の時期に合わせて準備の予定をしていても、年度の変わり目はなにかと物入り。一時的に家計のキャッシュフロー、つまりお金の流れが悪くなってしま…

生体スキャンで医療革命?第7世代超高周波レーザーの可能性

出典:santec.com 光を使った医療検査といえば、眼底検査などでの走査光源利用に限られ、それ以外の用途は技術的な壁があって実用化されていなかった。こうした状況の中、ジャスダック銘柄のSANTEC株式会社(6777)が発表した第7世代高周波長可変レーザーは…

【新社会人は知っておくべき税金の秘密】給与から差し引かれる所得税と住民税

4月から新社会人になった人は、会社から労働報酬として給与を支給されるだろう。給与には、所得税法28条にも定められているように税金が発生する。給与から差し引かれる所得税・住民税についての計算プロセスと、手取り額に影響のある所得控除について確認す…

円高の不思議。ミサイル発射・国会混迷でなぜ円が上がるのか?

北朝鮮のミサイル4発が発射された2月12日、円/ドルレートは約30銭円高に振れた。さらに国会への森友学園前理事長喚問後の秘書官FAX公表後、翌週初の為替は1円を越える円高となった。 通常、自国への攻撃懸念や内政混乱は通貨安理由であり、理論的に…

GDP算入は難しいか?ネットビジネス統計

ネット小売り利用額の総計は年間15兆円規模に達したとの報道がある。年々増加するネット販売は年間約140兆円の見込み額で、全国小売業の売上額から考えても無視できない規模だろう。<H28政府サービス動態統計室調査>消費の一角を占める規模となったネ…

ゼネコンの底力はどこから生まれるか

出典:toyokeizai.net 大手ゼネコンの業績は、リーマンショック後の建設不況を完全に克服し、急ピッチで回復している。特にスーパーゼネコンと言われる5社の業績は、2016年に3社が過去最高益を更新し、今後も5社の高い利益水準を維持できそうだ。 旺…

自撮りはドローンの時代へ進む?

自撮り棒の大ヒットからおよそ3年。時代は進化し続けている。ドローン規制が進む中でも様々な利用は拡大中だ。行動的な若者の間で利用が増えているドローン自撮りと利用のニーズから、質・量ともにスケールアップする個人間のドローン利用が開く新時代を予…

モディノミクスは成功するか?経済大国インドの光と影(その2)

出典:capitalfm.co.ke GDP7%成長、株価上昇基調のインド経済。若年人口が多く、将来的な人口世界一が確実視されているインド経済の可能性はさらに大きい。自ら「安倍首相の経済政策を尊敬する」と述べ、次々に繰り出される経済施策が “モディノミクス” と…