Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

モディノミクスは成功するか?経済大国インドの光と影(その2)

出典:capitalfm.co.ke GDP7%成長、株価上昇基調のインド経済。若年人口が多く、将来的な人口世界一が確実視されているインド経済の可能性はさらに大きい。自ら「安倍首相の経済政策を尊敬する」と述べ、次々に繰り出される経済施策が “モディノミクス” と…

相続税における税務調査の対象と対策

相続税は、法人税や所得税と比較して税務署の税務調査が入る割合が高いという特徴がある。税務調査が入りやすい相続税の税務調査内容と対策や注意点について確認する。

米国対外防衛戦略の主役「第3オフセット戦略」国内企業の新戦略への対応は?

出典:jp.sputniknews.com 米国防総省は、軍事技術のイノベーション、革新的作戦構想、兵器調達と兵站共通の全面改革が必要と提唱し、これらを「第3オフセット(相殺)戦略」と命名し最新防衛戦略の中心と考えている。 具体的には無人機による軍事作戦、海中・…

米国対外防衛戦略の切り札「第3オフセット戦略」と日本の役割

出典:tokyoexpress.info 少し耳慣れない「第3オフセット(相殺)戦略」という言葉だが、これからの米国の防衛力整備には、重要な意味を持った概念だ。トランプ大統領が推し進めようという6兆円という多額な防衛予算拡大の背景にあるかも知れない、この次世代…

老後破産しないために。年金の種類と必要性

現在、60歳以上の高齢者が毎月の収入として得ているのが18万円といわれている。この金額から社会保険や税金を差し引きした可処分所得は15万円となる。“老後破産” “下流老人”が増加する中、老後の生活に必要な資金と年金をどれだけもらえるのか、国民年金を支…

電子チラシとニュースサイト。急激に変わる新聞購読の明日

出典:ccc.co.jp 世界最大の宅配新聞大国である日本の宅配新聞契約数が落ち込んでいる。その理由は色々挙げられているが、意外な理由の一つにインターネット上の電子ちらしが、世帯によって折り込み広告に勝るケースもあるようだ。社会の変化と折り込み広告…

遺伝子組み換え技術(GM)作物表示は見直されるか?

出典:nongmoproject.org/ EUでは義務付けされている食品油原料の遺伝子組み換え技術(GM)作物の使用表示は、現在の日本では表示義務がない。このためGM原料を使った加工油もGM表示の必要がない。日本におけるGM表示のあり方、今後の食物表示の問題点と食の安…

外資系金融機関が長期保有する優良株の秘密

最近の日本の株式市場で取引出来高の多くを占めるようになっている外国人の売買だが、四半期程度までの短期売買が中心だという見方が一般的だ。 しかし同じ外国人買いでも、海外年金基金やミューチュアルファンドの一部には、長期保有のスタンスをとっている…

人件費ロボット化のイノベーションに関連する業界は?

出典:roboteer-tokyo.com 慢性的な人手不足の解消が、日本経済の最重要課題として意識されつつある。省力化手段として利用拡大が進むロボット利用の背景は、急速に進化する人工知能(AI)の組み込みから、ロボットによるこれまでの単純作業用という製造業務の…

育児休業給付と介護休業給付

雇用保険には、育児または介護による会社休業において給与が減額された時の救済措置として育児休業給付と介護休業給付の制度がある。この2つの制度について支給要件と期間を確認してみる。

損していませんか?生命保険の見直しポイント3つ

家計の見直し相談で一番多いのは、節約に関するものです。収入がなかなか増えない中で、なんとか貯蓄を増やそうとすれば、支出を見直して削れるところは削っていかなくてはなりません。生命保険の保険料は、金融機関の口座から毎月自動引き落としになってい…

フィンテックで大化けするか?意外な金融銘柄

出典:venturescanner.com 大手生命保険会社やメガバンクがフィンテック(Fin Tech)活用拡大とのニュースが大きく取り上げられ、これまで話題だけ先行していた感のあるフィンテックも今後、金融機関の収益を占う大きなファクターとして再び注目されている。 …

「日本銀行のお仕事?」日銀業務とインフレ目標について

経済等のニュースで日銀の文字を見かけることは多いが、政策金利・国債業務・日銀券発行以外の他にどのような仕事をしているのか正確に答えられる人は意外に少ない。広範囲な日銀業務の中から主な業務紹介と、日本経済との関連、日銀に期待される役割につい…

プレミアムフライデー実施企業が示すか?明日の働き方

出典:min-tori.com 2017年2月24日、第1回のプレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。プレミアムフライデーへの対応は、企業や業態によって様々であり消費喚起の効果やあらたな社会現象としての評価はこれからだろう。 いち早く対応して…