Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

外資系金融機関が長期保有する優良株の秘密

最近の日本の株式市場で取引出来高の多くを占めるようになっている外国人の売買だが、四半期程度までの短期売買が中心だという見方が一般的だ。 しかし同じ外国人買いでも、海外年金基金やミューチュアルファンドの一部には、長期保有のスタンスをとっている…

人件費ロボット化のイノベーションに関連する業界は?

出典:roboteer-tokyo.com 慢性的な人手不足の解消が、日本経済の最重要課題として意識されつつある。省力化手段として利用拡大が進むロボット利用の背景は、急速に進化する人工知能(AI)の組み込みから、ロボットによるこれまでの単純作業用という製造業務の…

育児休業給付と介護休業給付

雇用保険には、育児または介護による会社休業において給与が減額された時の救済措置として育児休業給付と介護休業給付の制度がある。この2つの制度について支給要件と期間を確認してみる。

損していませんか?生命保険の見直しポイント3つ

家計の見直し相談で一番多いのは、節約に関するものです。収入がなかなか増えない中で、なんとか貯蓄を増やそうとすれば、支出を見直して削れるところは削っていかなくてはなりません。生命保険の保険料は、金融機関の口座から毎月自動引き落としになってい…

フィンテックで大化けするか?意外な金融銘柄

出典:venturescanner.com 大手生命保険会社やメガバンクがフィンテック(Fin Tech)活用拡大とのニュースが大きく取り上げられ、これまで話題だけ先行していた感のあるフィンテックも今後、金融機関の収益を占う大きなファクターとして再び注目されている。 …

「日本銀行のお仕事?」日銀業務とインフレ目標について

経済等のニュースで日銀の文字を見かけることは多いが、政策金利・国債業務・日銀券発行以外の他にどのような仕事をしているのか正確に答えられる人は意外に少ない。広範囲な日銀業務の中から主な業務紹介と、日本経済との関連、日銀に期待される役割につい…

プレミアムフライデー実施企業が示すか?明日の働き方

出典:min-tori.com 2017年2月24日、第1回のプレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。プレミアムフライデーへの対応は、企業や業態によって様々であり消費喚起の効果やあらたな社会現象としての評価はこれからだろう。 いち早く対応して…

医療費控除とセルフメディケーション税制

今年から導入されるセルフメディケーション税制は、一般の医薬品を購入した場合に医療費控除に代わり、所得控除の対象となるものだ。従来の医療費控除の仕組みと比較しながら、セルフメディケーション税制の発端や仕組み、注意点等を確認してみる。

金価格が上昇を続ける理由を探る

出典:birchgold.com 「有事の金」「インフレの金」等の言葉をよく耳にする。実際、国際情勢の不安・金利の低下・インフレ傾向など、様々な事由による資産価値のリスクヘッジとして金購入が話題になり、そのような時期には金の国際価格も高騰することが多い。…

暴落なんて怖くない!信用取引の賢い利用法

出典:jp.wsj.com 海外市場の好調を受け、日本の株式市場も年初来から上昇傾向を保っている。しかし、こうした環境下で値上がり益を追って更に収益を目指すことはそれなりのリスクも伴う。そのため、新たな資金の投入については慎重になることも多い。 相場…

相続対策に有効な生命保険の活用

相続が発生して遺産分割の相続対策として必要になるのは、相続財産の分与・相続税の節税・相続税資金の確保の3つだ。 相続対策として、生命保険を活用することは有効であるといわれている。生命保険を活用した場合のメリット、加入すべき保険と注意点につい…

イノベーションは宇宙から「スピンオフ製品」の未来

出典:jaxa.jp 最近の技術分野においての経済ニュースでは、AI・ロボット・フィンテック・ビットコイン等への注目度が高い。しかし、経済や産業にイノベーションを生む分野として、医療・製薬を含む「生命科学分野」と広い意味での「宇宙産業分野」の二つも…

所得税や住民税対策に有効なふるさと納税とは

出典:soumu.go.jp 所得税や住民税対策として、ふるさと納税という制度がある。誰でも自由に特定の地方に寄付を行い、返戻品として寄付した自治体から特産品をもらえるという制度だ。ふるさと納税の手続きと仕組みについて確認してみる。

金融界で注目のAI投信と物流REITの将来性を探る

最近、AI(=人工知能)が運用判断する投資信託商品の販売が好調だ。自己学習をしながら成長し、資産等の運用判断を行うという新商品の人気が高い。一方で、ネット通販等の拡大で急成長中の物流センター特化型の不動産REIT「物流REIT」の上場が続いている。…