Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

金価格が上昇を続ける理由を探る

出典:birchgold.com 「有事の金」「インフレの金」等の言葉をよく耳にする。実際、国際情勢の不安・金利の低下・インフレ傾向など、様々な事由による資産価値のリスクヘッジとして金購入が話題になり、そのような時期には金の国際価格も高騰することが多い。…

暴落なんて怖くない!信用取引の賢い利用法

出典:jp.wsj.com 海外市場の好調を受け、日本の株式市場も年初来から上昇傾向を保っている。しかし、こうした環境下で値上がり益を追って更に収益を目指すことはそれなりのリスクも伴う。そのため、新たな資金の投入については慎重になることも多い。 相場…

相続対策に有効な生命保険の活用

相続が発生して遺産分割の相続対策として必要になるのは、相続財産の分与・相続税の節税・相続税資金の確保の3つだ。 相続対策として、生命保険を活用することは有効であるといわれている。生命保険を活用した場合のメリット、加入すべき保険と注意点につい…

イノベーションは宇宙から「スピンオフ製品」の未来

出典:jaxa.jp 最近の技術分野においての経済ニュースでは、AI・ロボット・フィンテック・ビットコイン等への注目度が高い。しかし、経済や産業にイノベーションを生む分野として、医療・製薬を含む「生命科学分野」と広い意味での「宇宙産業分野」の二つも…

所得税や住民税対策に有効なふるさと納税とは

出典:soumu.go.jp 所得税や住民税対策として、ふるさと納税という制度がある。誰でも自由に特定の地方に寄付を行い、返戻品として寄付した自治体から特産品をもらえるという制度だ。ふるさと納税の手続きと仕組みについて確認してみる。

金融界で注目のAI投信と物流REITの将来性を探る

最近、AI(=人工知能)が運用判断する投資信託商品の販売が好調だ。自己学習をしながら成長し、資産等の運用判断を行うという新商品の人気が高い。一方で、ネット通販等の拡大で急成長中の物流センター特化型の不動産REIT「物流REIT」の上場が続いている。…

「テロと保険」不動産王トランプのリスク対応は?

出典:nikkei.com トランプ大統領令によるテロ対象国に対する入国禁止措置により、テロに対する戦いが具体的に始まったわけだが、米国内の混乱は深まるばかりだ。入国制限に抗議するデモは全米で後を絶たないが、禁止措置が取り下げられる見込みはない。世界…

加入する前に知っておきたい生命保険のしくみ

生命保険は、病気や怪我による入院または死亡など、予期せぬ出来事によって発生する損失を保障するため加入を考えている方も多いだろう。加入前に、自分が入るべき生命保険の判断材料として、生命保険の種類や保険料のしくみを知っておく必要がある。それぞ…

「3年後GDP600兆円」の目標をどう考えるか

出典:co-media.jp アベノミクスの成長戦略、新『三本の矢』は、2020年迄に名目GDPを600兆円にするという目標を掲げ、昨今の厳しい経済情勢下で、その実現可能性や達成への戦略などに議論が集中している。だがGDPの数字が独り歩きしてはならない、GDP…

トランプノミクスで為替はどう動くか

出典:toyokeizai.net トランプ大統領が次々に打ち出す大統領令の注目が集まっているが、新政権の経済政策、いわゆる“トランプノミクス” の具体策はまだ少ない。トランプ新政権の経済政策は、不透明要素が多く米国経済がどう変わってゆくかという全体像が見…

株式投資を行う際に知っておきたい税金のしくみ

株式投資を行うときは利益を得られる時もあれば、損失が発生する時もある。いずれの場合も所得税および住民税の計算に影響が出てくる。また、株式を保有することで配当金を得ることができるが、この配当金にも所得税が課せられる。株式投資の売却益・損失・…

見えてきた経済大国インドの光と影

出典:jp.reuters.com インドは、世界第2位である約12億人以上の人口(日本の約9倍)と、ヨーロッパ全体に匹敵する広大な国土を持ち、GDP世界第7位の経済大国でもある。インド経済は中国を上回る経済成長率を維持しており、将来的には仏・英を抜いての…

相続財産の賢い生前贈与対策と上手な活用方法

相続税を節税する方法として、有効なのが生前贈与だ。贈与を行った場合には贈与税がかかるが、相続財産の金額により、贈与税のほうが得になる場合がある。また贈与には一定の要件を満たした場合に、贈与税が非課税となるケースもある。具体的に生前贈与によ…

人材紹介業の多様化傾向から見える、これからの就職事情

1997年のILO181号条約を機に、民間職業紹介事業者の規制が緩和され、伝統的な求人企業からの希望を元に人材サーチを行う、いわゆる“サーチ型紹介会社”から「求人・求職」両者の結合を行う形態の事業者が増加しつつある。最近、求職者の希望を重視…