Money Clip

お金に関するニュースをクリップ!

加入する前に知っておきたい生命保険のしくみ

生命保険は、病気や怪我による入院または死亡など、予期せぬ出来事によって発生する損失を保障するため加入を考えている方も多いだろう。加入前に、自分が入るべき生命保険の判断材料として、生命保険の種類や保険料のしくみを知っておく必要がある。それぞ…

「3年後GDP600兆円」の目標をどう考えるか

出典:co-media.jp アベノミクスの成長戦略、新『三本の矢』は、2020年迄に名目GDPを600兆円にするという目標を掲げ、昨今の厳しい経済情勢下で、その実現可能性や達成への戦略などに議論が集中している。だがGDPの数字が独り歩きしてはならない、GDP…

トランプノミクスで為替はどう動くか

出典:toyokeizai.net トランプ大統領が次々に打ち出す大統領令の注目が集まっているが、新政権の経済政策、いわゆる“トランプノミクス” の具体策はまだ少ない。トランプ新政権の経済政策は、不透明要素が多く米国経済がどう変わってゆくかという全体像が見…

株式投資を行う際に知っておきたい税金のしくみ

株式投資を行うときは利益を得られる時もあれば、損失が発生する時もある。いずれの場合も所得税および住民税の計算に影響が出てくる。また、株式を保有することで配当金を得ることができるが、この配当金にも所得税が課せられる。株式投資の売却益・損失・…

見えてきた経済大国インドの光と影

出典:jp.reuters.com インドは、世界第2位である約12億人以上の人口(日本の約9倍)と、ヨーロッパ全体に匹敵する広大な国土を持ち、GDP世界第7位の経済大国でもある。インド経済は中国を上回る経済成長率を維持しており、将来的には仏・英を抜いての…

相続財産の賢い生前贈与対策と上手な活用方法

相続税を節税する方法として、有効なのが生前贈与だ。贈与を行った場合には贈与税がかかるが、相続財産の金額により、贈与税のほうが得になる場合がある。また贈与には一定の要件を満たした場合に、贈与税が非課税となるケースもある。具体的に生前贈与によ…

人材紹介業の多様化傾向から見える、これからの就職事情

1997年のILO181号条約を機に、民間職業紹介事業者の規制が緩和され、伝統的な求人企業からの希望を元に人材サーチを行う、いわゆる“サーチ型紹介会社”から「求人・求職」両者の結合を行う形態の事業者が増加しつつある。最近、求職者の希望を重視…

ユニークな株式優待銘柄は、お得な投資か?

株主優待が注目されている。最近は、国内上場企業約3500社のうち3割を越える企業が何らかの株主優待制度を設け、2016年度には1300社を超える見込みである。優待制度の導入企業は、年々増加傾向にある。配当と合算した優待利回りも、高いものでは10%を越え…

電子書籍とVRが創造する未来のメディア

出典:kakaku.com 電子書籍は、まだまだ普及途上だ。音楽や映像コンテンツに比べ、電子化の普及はさほど進んでいない。そこで、電子書籍の普及を妨げる要因と紙媒体の格差を問題視し、よりリアルさを実現させるべく電子書籍とVRが創り出す未来のメディアを考…

IDeCo (個人型確定拠出年金)加入の得失を考える

出典:npfa.or.jp IDeCo(個人型確定拠出年金)は、2017年1月から確定拠出年金法の改正により制度の加入対象が公務員や専業主婦等に拡大するなど、大幅な制度改善が施行されたため、にわかに関心が高まっている。IDeCoについての関心は非常に高く、税控…

老後資金の備えとリスク分散による資産運用の必要性

医療の進歩により、日本人の平均寿命は延びてきている傾向にある。男性の場合で83歳、女性の場合で88歳とますます長寿化している。豊かな老後生活を送るために、どのように資産運用を行うべきかは悩みのタネだ。老後生活に必要な資金と資産運用について、様…

プレミアムフライデー(Premium Friday)の経済影響

出典:premium-friday.go.jp 平成29年2月24日金曜日に、第一回プレミアムフライデー(Premium Friday)が実施された。その後も実施継続されており、原則として月末の金曜日が対象日だ。“月末金曜日は、ちょっと豊かに”というキャッチフレーズと金色のロ…

トランプ米国大統領就任後の経済リスク

出典:jp.reuters.com トランプ大統領就任後の世界経済、市場動向の推移は就任間近となった現在も不透明要素が多く、経験則が当てはまらない経済リスクが専門家により多数予測されている。そうした今後の経済リスクの一つとして、トランプ就任後の為替変動リ…